ここから本文です

医療がこんな発達する以前の社会って、死因ってどういうものが多かったんでしょう...

fly********さん

2019/6/2020:49:59

医療がこんな発達する以前の社会って、死因ってどういうものが多かったんでしょう?江戸時代以前くらいの話で言うと、どうなんでしょうか?

閲覧数:
48
回答数:
11
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

edo********さん

2019/6/2022:24:15

病気ではコロリ(コレラ)、労咳(結核)、疱瘡(天然痘)などの流行り病(伝染病)、脚気(ビタミンB1欠乏症)など。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2019/6/21 16:50:45

皆さまご回答ありがとうございました!!!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/10件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

wak********さん

2019/6/2111:54:44

圧倒的に感染症。細菌感染やウイルス感染だね。あとは外傷など、いわゆる怪我。
でも平均寿命に一番影響を与えていたのは、乳幼児や小児の死亡率だから、やはり感染症、それも胃腸炎だね。点滴による補液ができるようになるまでは、夏場に多くの子供が下痢や嘔吐で死んでいった。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

boo********さん

2019/6/2111:42:47

「飢え・伝染病・戦死」が、死因のトップ3だったと言われています。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

zeu********さん

2019/6/2108:48:27

近代医学がないので、乳幼児の死亡率はバカ高いです。
基本的に病気になったら、自然治癒ですので。

死因の一番は、おそらく栄養失調。
江戸時代は三大飢饉などで大量の餓死者が出ています。

その他、労咳(肺結核)、脚気、各種感染症も死因の上位です。

がんに罹患する前に他の疾病で亡くなることが多いです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

uv2********さん

2019/6/2101:58:10

コレラかいな?
ヨーロッパでは

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ojy********さん

2019/6/2023:44:33

正解がないな

江戸時代は天然痘と麻疹
女性は分娩
これはちゃんと統計がある

戦国以前は記録がないから何とも言えん

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる