ここから本文です

エレキギターの質問ですが、ノーマルチューニングからドロップチューニングに変え...

アバター

ID非公開さん

2019/6/2312:08:15

エレキギターの質問ですが、ノーマルチューニングからドロップチューニングに変えてコードを引いた時ギターから出る音色は、変わってくるのでしょうか?

閲覧数:
25
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

x11********さん

2019/6/2313:17:42

例えば、Cコードの構成音はCEGなので、ドロップだろうが変則チューニングだろうが、CのコードはCでしかありません。

もちろんチューニングが変われば押さえるポジションも変わります。

まさか、コードってのは手の形とか思ってるんじゃないでしょうね??

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

spa********さん

2019/6/2315:32:44

ken********さん

2019/6/2313:45:47

ドロップDは6弦EをDにするチューニングです。
ですから、5弦~1弦はレギュラーチューニングのままですから、
ドロップDとレギュラーでは 5弦~1弦の音は変わりません。

6弦だけ2フレット分低い音になります。

だから、例えば
レギュラーチューニングで
6弦3FルートのバレーコードのGを
ドロップDで、その押さえ方のままで弾いてしまうと
ルート音だけFとなり、5弦~1弦はGコードの構成音のまま。
つまり、G/F ってなコードになります。

-------------------------------------------
余談ですが、
6弦だけDに落とすだけでも、
5弦~1弦のチューニングをし直したほうがいいです。
レスポールなどの固定ブリッジの場合でも微妙に狂いますし、
ましてやストラトなどのトレモロ機構がついていれば
絶対に狂います。

mag********さん

2019/6/2312:30:36

ドロップチューニングは、6弦を一音下げることで、より低い音が出るようになり、パワーコードが抑えやすくなることが利点のチューニングです。
EやGなど6弦がルート音になるコードなどはレギュラーチューニングでの押さえ方ではルート音が変わってしまうので、ドロップチューニングでコードを鳴らすことはあまりありません。
もちろん、ドロップチューニング時でもレギュラーチューニングでの抑え方で6弦だけ2フレット上を抑えれば同じ音は出ます。
細かい話ですが、細い弦を張っているギターでドロップチューニングをすると弦のテンションが6弦だけ弱くなりますので、6弦だけ音にハリがなくなってしまったりするので、ドロップチューニングを多用するギタリストはわりと太めの弦を張っていることが多いようですよ。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる