ここから本文です

将来弁護士を目指しています。 法律事務所と弁護士法人について、大手含めなぜ...

tot********さん

2019/6/2518:58:09

将来弁護士を目指しています。

法律事務所と弁護士法人について、大手含めなぜ法人格にしないのでしょうか?

基本、弁護士さんは法人格に属さず、〇〇法律事務所(屋号)の属し、(法律的には個人授業主扱い)弁護士業務をされているかと思います。

なぜ、(社会的に信用力があると言われている)法人格にせず、(ただの屋号の)事務所にしているのでしょうか?

法人格にしないメリットでもあるのでしょうか?

しかも、(パラリーガル)事務員の方たちは法人各と雇用契約を結んで、職務を全うしている人が大半かと思います。

弁護士さんは法人に属さない方が大半な理由はなんなのでしょうか?

将来弁護士を目指しているのですが、大手の法人格で社保完備の方が、安心できるかと思い質問させて頂きました。

閲覧数:
41
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

dai********さん

2019/6/2519:36:44

弁護士法人という制度自体、平成14年に始まった歴史の浅いものです。
弁護士は、依頼者からもらうお金を生活の糧にしていて、本来的には個人事業主です。
誰かに雇われる、という感覚がそもそもありません。

弁護士法人という制度ができたのも、別に社会的信用を目的としたものではなく、「同じ事務所名で他の都道府県にも事務所を設けたい」という要望に応えたものです。
特に、大阪の大手事務所が東京に進出したいと考えていました。
ですから、弁護士法人第1号は大阪の大手事務所でした。

逆に、東京の大手事務所は、わざわざ大阪などに進出する必要を感じず、長らく弁護士法人化しませんでした。
弁護士法人にすると、法人から各社員弁護士がもらう報酬額をあらかじめ決めておかなければならなくなり、人によって実入りが違うのをいちいち調整するのが面倒なのです。
まあ、最近では東京の大手事務所も弁護士法人化しているところがありますけどね。

事務員にとってみれば、法人に雇われようが個人の弁護士に雇われようが同じです。
個人の弁護士に雇われていたって、社保完備ですよ。
一方、弁護士は、弁護士法人に雇われる場合、当初はもちろん従業員ですから社保完備の方がいいでしょうが、いずれ法人の社員になることを求められます(あるいは、その法人から放逐されます。)。
社員になれば、それは法人の経営者ということですから、社保完備なんてお得ではありません。厚生年金には入れますが、保険料は自分と弁護士法人が折半して負担します。当たり前ですが、弁護士法人負担分だって、経営者が出しているのです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nih********さん

2019/6/2610:39:13

日本交通事故鑑定人協会の交通事故鑑定人ライセンス所持者です。

…貴方のご質問は、現代の弁護士の実態をよく理解しておられないようなので、日常的に弁護士を使っている交通事故鑑定人からご回答申し上げます。

まず、最初に、今は弁護士も食えない職業の一つです。そして、昔の様に先生扱いされない職業です。昔は、一般の方が、お中元やお歳暮を弁護士に送りましたが、今では仕事の欲しい弁護士が、私どもの様な交通事故鑑定人の事務所に、山の様に贈り物をしてきます。

私どもから弁護士を先生と呼ぶことはなく、逆に弁護士から私どもを先生と呼びます。


…このような状況ですから、個人営業の弁護士だろうが、法人の弁護士だろうが、ただの仕事のない弁護士に過ぎません。

「弁護士そのものに、信頼がないばかりか、客に怒鳴りつけられるのが、今の弁護士です。」
「弁護士の収入も、年収70万円なんていうのがゴロゴロいるんです。だから、普段は皿洗いの様なアルバイトをしている弁護士が、結構多いです。」


…弁護士が儲かり、人々の尊敬を集め、弁護士バッチが輝いていたのは遠い昔の話です。
「もし、何か勘違いしていて弁護士を目指すならおよしなさい。」
「正義で飯などくえません。」
「個人弁護士だろうが、法人弁護士だろうが、今は何の信用もありません。」

猫足さん

2019/6/2519:21:45

面倒だからですかね…
あと、割と大手でも所属の弁護士は個人事業主だったりします。
給与制なのはかなり大きい事務所や全国展開しているようなところじゃないでしょうか。

大手の法人格で社保完備となると、就職も難しいと思いますが、頑張って下さい。

ちなみに、パラリーガルも個人事業主で、個人事業主の(大手の事務所に所属している)弁護士と案件ごとに個別契約している人も多いですよ。

弁護士は個人の能力で働く裁量労働制ですので、事務所自体が社会的信用度のある法人格かどうかなどどうでも良いのです。
(客的には違うだろうから、集客は違うかもしれませんが)

事務所はだだの住所の一部で、屋号は弁護士●●が一般的ではないかと思います。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる