ID非公開

2019/6/29 16:49

55回答

マツダ3のリアサスがトーションビームは

マツダ3のリアサスがトーションビームは コストダウンが、メインでは有りませんよ。 {トーションビーム}だから、 可能に成った、技術と云うのが、有るのですよ。 新世代プラットホーム””SKYYACTIV-chassis””と、 「GVC++」と、「i-Active/AWD」に連携する為の電子制御との絡み。 現代のクルマの姿勢制御は、単純なアナログ<メカ式>は、時代遅れ、 サスペンションと駆動の制御は、各種のセンサー(複数)からの信号を、 ・・・・・・・・的確にコンピューターが俊足で計算して、 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・命令を出す。<200回/秒以上> SKYACTIV-VHEICLE DYNAMICS -G-ベクタリング コントロール(GVC) クルマと一体となる 気持ちのよいドライビング体験をより多くの方へ ドライバーの運転技量によらず、低速からの日常走行、 高速直進走行、ワインディング走行や緊急回避時など、 幅広い走行シーンで誰もがリラックスして思いのままに クルマを操れる感覚をさらに高い次元に引き上げる、 それがG-ベクタリング コントロールです。 ------------------------------------------------------------------ i-Active/AWD 新世代4WDシステム i-ACTIV AWDとは 電子制御で駆動力を積極的にコントロールし、 走破性能と燃費性能を高次元で両立。 雨の高速道路や雪の坂道などのシーンを問わず、安心で快適、 そして燃費性能にも貢献するi-ACTIV AWD。 スカイアクティブ テクノロジーと同様のアプローチを投入し、 システムハードウェアとソフトウェアを全面的に見直すことで、 走破性能と燃費効率をフルオートで高次元に 両立するというブレークスルーを実現しました。 マツダ3に期待大ですよね?

画像

自動車52閲覧

ベストアンサー

0

なんか、寄り添うようなポーズでスリ寄って、最後にひっくり返しの下品な回答者が増えてますから、気をつけましょう。 まぁ妬みの奴等なんで、云うだけ言ってれば、相手にしないのもテですよ。 しつこい/うるさい奴はブラックリスト! グッドラック‼️

その他の回答(4件)

1

デザインのためもあるでしょう 性能は良いけどスペース効率で劣るマルチリンクではデザインの妥協をしなくてはいけない だからトーションビームで頑張った コストダウンも目的だったにでしょう コストをかければマルチリンクであのデザインもできたでしょうし トヨタのセンターメーターだってコストダウンが目的なのに「見やすい」とか嘘言ってましたね 「コストダウンです」と言ってくれた方が潔いのに 廃れましたね、見やすいはずのセンターメーター メーカーは「デメリット」になるような発言はしません 当たり前ですよね 機械的に見ても性能ではマルチリンクの方が上 トーションビームの性能がどんなに上がってもね

1人がナイス!しています

0

xi_さん マツダが凄いのは、もう分かりましたので。 他メーカーの情報もお願いします。

0

繰り返し全く意味の無い投稿を繰り返しています。 どうして放置されるのでしょう。 マツダに対する誹謗中傷にすら感じます。 違反報告しました。 インプレッサはダブルウイッシュボーン シビックはマルチリンク あのトヨタですらカローラにダブルウイッシュボーン 各社真面目に車を造っています。 ユーザーを馬鹿にするはどうかと思います。 またマツダに対してはこの様な投稿も有ります。 DPF再生が頻繁に起こりディーラーに相談しても 改善されないそうです。 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11209828761

ID非公開

質問者

2019/6/29 18:39

メカを知らん、メカ音痴には理解不能だね? ニートかなんかかい?

0

わかったわかった。でも「メインではない」というのはコストカットも目的の一つだったという意味なんでしょう。よーーくわかった。