ここから本文です

小紋の着物は結婚式にふさわしくないというのは本当ですか?

yuz********さん

2019/6/2923:26:15

小紋の着物は結婚式にふさわしくないというのは本当ですか?

先月、ショッピングモールに入っている呉服店で着物を買いました。
着物を買うのは初めてなので何も分からず、「どうせ買うなら普段使いにも友人の結婚式にも着ていけるものがいい」と言ったところ、店長の男性が「この着物なら結婚式にも着ていける」と小紋の着物を勧められ、それならと購入しました。
しかし、ネットで調べてみると小紋は普段着なので結婚式にはふさわしくないというサイトが数多くありました。江戸小紋なら大丈夫、とも書いてありましたが恐らく私が買ったのは江戸小紋ではありません。
私は店長に騙されたということなのでしょうか…。着物だけでなく帯や羽織も買って、かなり高額な買い物だったので、一番の目的だった結婚式に着ていけないというのはとてもショックです。やはり小紋という着物は結婚式に着ていくのは避けるべきですか?

閲覧数:
956
回答数:
10
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

mbk********さん

2019/6/3002:02:25

どのようなお召し物か判りませんので、はっきりと『ダメだ』とは申し上げられません。

先のお二方の回答を拝読しておりますと『普段着』と『普段使い』を混同されているようにも思われます。
まるっきりの普段着なら論外ですが、『ちょっとしたお出掛け着』『軽い晴れ着』というものを『普段使い』とあなた様がお考えなら、お召し物によっては十分に結婚式でも参列できるでしょう。

この手の話しになりますと『最低でも訪問着の格でないと』などと狂信的な訪問着信者の方々が訪問着と格の押し売りをなさいます。
では金糸銀糸の刺繍を凝らし、一流の作家に龍と般若を描かせた数千万円の訪問着でも、結婚式に相応しいと言えるでしょうか?
いくら『値段も高くて、豪華で、この結婚式のために誂えた訪問着ですよ!』と言ったところで、趣味の悪さを失笑されるか、『ヤクザの姉さんか?』 と追い出されるかのどちらかです。

毎度申し上げていますが、お召し物は『何のために作られた着物か?』という用途別で判断するものです。

『訪問着』というのは、三越百貨店の高級呉服のラインナップに付けられた名称です。ですから皆さんがよく知っている絵羽柄の訪問着もあれば、紬の訪問着も小紋の訪問着も昔はあったんです。訪問着は種類じゃないですからね。
皆さんがよくいう訪問着は『絵羽柄の着物』というもので、格のへったくれもありません。

格というのは、人と行事や式典や催事にあるものです。
身分制度の無い時代ですから、人の『格』とは立場のことです。
またよく勘違いされる方がいらっしゃいますが『冠婚葬祭』とは自身が当事者となった場合のことですからね。自分以外の他人の冠婚葬祭に『結婚式には必ず格が高いものを……』などと当事者でない者が勝手に格付けをするのは僭越で迷惑です。自身の立場をしっかり見極めることの方が大切です。

以上を踏まえて、あなた様のお召し物のことを考えてみます。

まず『小紋だからダメ』などということはありません。問題なのは『どんな柄なのか?』ということです。例え江戸小紋であろと、柄次第です。
あなた様の場合ですと『それはお祝いに相応しい柄なのか?』ということを判断する必要があります。

宜しければ、あなた様のお召し物の画像を投稿して頂けますか?
画像があれば、また他の方からも良き回答が出てくるかもしれません。

  • 質問者

    yuz********さん

    2019/6/3003:37:51

    詳しいお返事、ありがとうございます。
    スマホで撮ったものなので、見辛いとは思いますが投稿します。
    濃いめの青い地に黒の桜の柄だったと思います。假屋崎省吾さんがプロデュースした着物だそうです。帯や帯留めなども写真のものを買いました。(反物の後ろに見えているのは私が着ていた花柄のスカートです)
    私は23歳、独身です。もしよろしければ、この着物が結婚式だけでなく、食事会などに行くためのお出かけ着としてもどうなのか(洋服でいうパーティードレスに相当するものかどうか)、教えていただければ幸いです。

  • その他の返信(4件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/9件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ymj********さん

2019/6/2923:43:16

二次会だけとかならいいですが、普通のお式には止めた方がいいです。
そもそもフォーマルと普段着を兼用しようとするのが間違いです。
洋服だって結婚式に着るようなドレスを普段使いすることはまずないでしょうに。
高額な買い物をする時は、事前に下調べをちゃんとしておくのが重要です。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

xon********さん

2019/6/3000:11:24

黒に近いグレーですが、
貴女の、普段から婚礼までは真っ黒です。
そんな着物はありません。洋服でもありません。
しかし、小紋が全て普段着ではないので、グレーです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

pot********さん

2019/6/3007:06:31

画像の装いは、
着物と帯と小物全て、
結婚式には全く相応しく無いです。
詐欺レベルです。

小紋でも結婚式に大丈夫な場合が有ります。

結婚式 飛び柄小紋

で画像検索して下さい。

abc********さん

2019/6/3009:23:15

これは洋服にも言えることですが、
まず素材によって分別できます。
シルク>麻・ウール>木綿

礼装や正装はシルクがスタンダードです。

また制作方法でも分別があります。
同じシルクでも、染>織
染とは、いったん反物に仕上げた白生地を染色して色やっがらを付けたもので、
織は、染色した糸を織り、柄を出します。
染めた糸を使うことや、柄を出すための染よりも太い繊維で作られ、厚みのある生地であることが多いです。
大島紬など伝統的な織の反物は大変高価なものもありますが、正装や礼装用ではありません。
普段着(と言っても家着の意味ではありません)街着となります。
つまり、人と会うための席では着ない、ということです。
食事会や観劇などのおしゃれ着です。

そして、染のお着物も柄行で、格が決まります。
絵羽模様といって留袖や訪問着のように仮仕立てをして柄を染めたものは当然ですが手間もかかり、高価で格も高くなります。
総柄のものは、小紋と呼ばれおしゃれ着のランクです。
色無地は、紋を入れることで、礼装用に使われてきた習慣から小紋よりも格上です。
そのため、小紋でも色無地に近い江戸小紋や鮫小紋は、武家の装いとして使われていたということも加味されて、色無地と同格に扱うこともあります。

例外的に、総柄でも振袖として仕立てられれば正装礼装になります。

着物の市場が小さくなり、紬の訪問着や、比翼なしの色留袖・・・など、幅広く着られる商品があるようですが、幅広いようで実はどっちつかずになっている物もあるようです。

お写真のお着物は小紋と言って売られていたのでしたら、染のお着物なのでしょうが、柄も手がかかっていませんし、残念ながら礼装用には使えないものですね。
普段のお出かけにお使いください。

sra********さん

2019/6/3009:41:00

もしかしてBA○KANさんですか?
類似の質問をちらほらみかけます。

せっかく買ったのだから着たい、というお気持ちは痛いほどよく分かりますが、写真の着物はどう見ても普段着格です。友人知人なら全力で止めますし、実際式でみかけたら申し訳ないんですが「なんだあれ……やばい……」とドン引きします。

結婚式って提示されてるんだから、素直に訪問着売ればいいのに、なんでこういうことするんだろう。ひとごとながらその店に腹が立ちます。
一度ダメもとで消費者生活センターに相談してみたらいかがでしょう。

お着物自体は結婚式は無理としても、年齢選ばず長く着られると思いますけども。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる