ここから本文です

地質時代が細分化されている理由はどれですか?

アバター

ID非公開さん

2019/7/313:15:41

地質時代が細分化されている理由はどれですか?

地質年代の区分で顕生代の期間が最も長いから

地質時代のなかでも環境変化が著しいから

化石などの地質学的記録が多数あるため

閲覧数:
18
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2019/7/412:30:49

顕生代というのは、複雑な生物の化石が出て来る時代ということです。地球の歴史を1年で見るというお約束でみれば、そういった時代はせいぜい一ヶ月くらいにしかなりません。
ですが、一度複雑な生物がらわれてからは、いろんな生き物が次々と現れ、次々と滅んでいきました。古生物学者はその出現・消滅を元に相対年代の区分をしていったのです。
ですから、顕生代の前、カンブリア紀の前は、化石が出ないので長く先カンブリア時代とざっくりくくられて言われていましたが、最近は原生代、太古代などの区分がされるようになってきています。
この顕生代より前の時代は、マグマの海が出来たり、地球全部が凍ったり、酸素が突然増えたりと環境が大きく変わったことで知られています。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

pse********さん

2019/7/315:44:28

環境が変化すれば、地層を構成する物質が変わります。ですので地質年代は環境の変化が確認できれば、そこで区切ります。

プロフィール画像

カテゴリマスター

2019/7/314:10:57

地球の表面に残る地層は、地球大気内の気候変動などや地上での動植物の活動痕跡を残し、地質の違いは地層を形成することになります。

そもそも地球は自転による昼夜の変化、太陽を周回する公転、さらには太陽活動の11年周期、あるいは文献記録などから判別できる150年程度の気候変動などが起きており、理論拡張することにより2000年程度や30000年程度など更に長い、不安定な周期の変動が積み重なって気候変動を起こしています。

それらの周期は互いに公約数、公倍数等の関係になく積み重なるため、時期によっては平均的な気候の時期と大きく異なる時期を生じ、そのために動植物が入れ替わってり、大きな気候変動を起こすのです。

地球の誕生はおよそ46億年前ですから、数百万年程度の周期により残す痕跡が異なると、それは地層として現れ、地質が異なることで博物学的に「地質年代」として分類できるようになっているだけで、基本的には変動の積み重ねによる時の流れが生じているだけの事です。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる