ここから本文です

おすすめの小説を教えてください。 元々、私はミステリ、推理もの、サスペンス...

アバター

ID非公開さん

2019/7/901:59:24

おすすめの小説を教えてください。

元々、私はミステリ、推理もの、サスペンスは読みません。
読んだとしても、所謂殺人事件が起きて犯人を追うと言うようなものではく、物語中に起こる謎現

象の原因を突き止める位のものです。
そもそもミステリの定義が曖昧なのですが、個人的には読んでいけば犯人が読者にもわかるようなものがそれにあたるのでは、と思っています。
その定義に当てはめますと、私はまだ本当のミステリを読んではいないように思います。
しかし、実は一度ミステリを読もうとして断念しています。
ミステリであれば当然なのかもしれませんが、あまりにも登場人物が多くて頭が混乱してしまったのです。

最近米澤穂信さんの「満願」を読みました。
この作品はミステリとされているようですが、私の中にあった先程のようなミステリではありませんでした。おそらく賛否は別れるとは思うのですが、私個人しましては、とても楽しく読みました。短編であることもあり、登場人物も少なく、それに少しホラーの要素も含まれていました。闇や恐怖が差し迫ってくるような感覚も味わえたのです。

そんな私におすすめの小説は何かあるでしょうか。

登場人物があまり多く、何かが少しずつ明らかになっていく高揚を感じられる作品と出会えればと思います。
ホラー要素が入っていなくても大丈夫です。
因みに米澤穂信さんの氷菓シリーズ、京極夏彦さんのうぶめの夏は読みました。
このお二方の作品は私の候補にありますので、出来ればそれ以外でお願いします。

長文失礼しました。

閲覧数:
139
回答数:
10
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

uk_********さん

2019/7/916:02:59

古典ですが、クリスティの「そして誰もいなくなった」。いわゆるクローズドサークルもので、固定された登場人物しか出てきませんし、話が進むにつれ登場人物が減っていき謎が深まっていく緊張感を味わえます。
もう少し気楽なものなら、同じクリスティの「火曜クラブ」、アシモフの「黒後家蜘蛛の会」。いずれも短編で安楽椅子探偵ものです。黒後家蜘蛛の会は、いわゆる「日常の謎」のはしりと言える作品です。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/9件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

app********さん

2019/7/1500:50:28

屍人荘の殺人はめちゃめちゃ良かったです

spa********さん

2019/7/1100:43:41

宮部みゆき レベル7

読みやすくラストスパートにかけてののめり込み感がハンパないです。ミステリーの傑作です。ぜひ読んでみて下さい。

y49********さん

2019/7/1100:20:01

島田荘司の御手洗潔シリーズ
トリックが大胆で面白いです。

倉知淳の猫丸先輩シリーズ
シリアス過ぎずライトな感じです。

lac********さん

2019/7/1021:39:53

ラムジー・キャンベルの
『ヴェールを破るもの』
H.P.ラヴクラフトの
『壁の中の鼠』
カストロの
『電気処刑器』
全部クトゥルフ神話ですが・・・

ujp********さん

2019/7/1008:21:00

米澤穂信さんを読まれたのでしたら他にもリカーシブルなどおススメです

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる