ここから本文です

旦那が昨日、口腔外科で抜釘のオペを行い、口周囲がだいぶ腫れているようなのです...

hor********さん

2019/7/1306:17:35

旦那が昨日、口腔外科で抜釘のオペを行い、口周囲がだいぶ腫れているようなのですが、オペ当日の夜にクーリングを外され、本日もまだ腫れが強く残っているらしく、朝旦那が氷枕を希望したそうで

すが、口周囲の末梢の血流がどーのと言われて貰えなかったそうなのですが、傷がある場合クーリングが当たり前だと思っていたのですが、口腔周囲はあまりしないのですか?
すいませんが、その根拠が分からずこちらに伺いました。

因みに私は看護師をしています。
よろしくお願いします。

閲覧数:
28
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

飯田 裕さんの写真

専門家

飯田 裕さん

2019/7/1317:59:41

クーリングすることで術後疼痛が楽になる場合もありますが、手術した部位や手術法に関係なく、冷罨法は手術当日までにしておくのが基本だと思いますよ。

理由は冷やしすぎると末梢血管が収縮して血行が悪くなるため、創部の治癒が遅延する可能性があります。傷の修復には血液により酸素や栄養が運ばれてくる必要がありますから、それが阻害されてしまうわけです。

一方で手術後の腫脹は大体2~3日後がピークと考えられるため、今日よりも明日の方がさらに腫れが大きくなるかもしれません。術後の腫れを抑制するためにクーリングするならば、病室に帰室後ただちに冷やし始め、当日の夜まで繰り返しクーリングすれば十分と考えられます。

質問した人からのコメント

2019/7/16 11:33:01

丁寧な返答ありがとうございます!m(_ _)m
そーゆーことなんですね!
以前整形にいたのですが、手術後、何日かは熱感も腫脹もあり、本人の安楽の為にもその都度クーリングを行なっていましたが、それが逆に抹消の血流を阻害して治癒を遅らせている可能性があるということまで考えられていませんでした!

大変勉強させて頂きました。
ありがとうございました

回答した専門家

飯田 裕さんの写真

飯田 裕

歯科医師

患者さんの性格や体質に合った「オーダーメイド治療」を提供

茨城県で歯科口腔外科クリニックを開設しています。 医学的根拠に基づいた安全性の高い治療、それぞれの患者さんの性格や体質に合った「オーダーメイド治療」を提供したいと考えています。 インプラント治療では、患者さんの身体的負担を軽くするため、シンプル...

この専門家がベストアンサーを獲得した回答

※お問い合わせの際は、知恵袋を見たとお伝え下さい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる