ここから本文です

さぶろくきょうていって何ですか?

ari********さん

2008/11/3017:19:09

さぶろくきょうていって何ですか?

閲覧数:
728
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kat********さん

2008/11/3017:25:11

会社に勤めていると「サブロク協定」という言葉を聞くことがあります。社員に残時間外労働(残業、休日出勤)をさせるために必要な取り決めですが、労働基準法第36条にこの協定のことが記載されていることに由来しています。

「残業代をつけるから、今日は残業してくれ」と社長さんは簡単に部下に言えません。労働時間は原則として8時間です。その時間を越えて労働をさせることは禁止されています。たとえ残業代をつけてもです。同様に「明日、休日だけど割増手当てをつけるから出勤してくれないか」とも簡単に言えません。
つまり時間外労働(残業、休日勤務)をさせるには所定の手続きが必要です。使用者である社長さんと労働者が「時間外労働に関する」協定を書面で結んで労働基準監督署に届出なければならないのです。

協定は会社の規模を問わず、時間外労働(残業、休日出勤)をさせる場合は締結して届出が必要です。就業規則の作成義務がない常時10人未満の企業であっても三六協定の締結・届出は必要です。

三六協定は使用者(事業主側)と労働組合又は労働者の過半数を代表する者(労働者側)との間で結びます。しかし労働組合がない事業所がほとんどです。現在日本における労働組合の組織率は2割を切っています。
すると労働者の代表者と結ぶことになるケースがほとんどです。
労働者の代表の選び方は色々あります。投票による選挙や話し合いなどです。従業員が10人以上いる会社であれば選挙も可能ですが、社長と従業員が数名という会社は話し合いで決めるのが良いでしょう。一番の年長者や勤続年数の長い者がなるようです。
※コピーですが、参考にしてください

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

art********さん

2008/11/3017:32:08

検索すればいくらでも出てくると思いますが?

労働基準法第36条で定める時間外労働及び休日労働に関する協定。
これを監督署へ届け出ずに週40時間・1日8時間(法定労働時間)を超えて働かせると違法となります。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる