ここから本文です

鉱物は単独で存在するときと、異種の鉱物と共存するときとでは、どちらが広い温度...

kuu********さん

2019/7/1800:18:55

鉱物は単独で存在するときと、異種の鉱物と共存するときとでは、どちらが広い温度、圧力範囲で安定ですか?具体的な例も教えてください!

閲覧数:
14
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

puc********さん

2019/7/2009:10:11

複数の鉱物が共存する場合の方が広い温度圧力の範囲で安定すると言えるかと思います。
それぞれの鉱物の凝固温度が違うからです。

火成岩の分野でよく使われる例(以下)ですが、
例えばある成分のマグマがあり温度が少しづつ下がっていくとすると、
先に灰長石が摂氏1500度で固形化し(この段階では透輝石は液体)、
次に透輝石が摂氏1300度弱で固形化し、両方が鉱物になります。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる