ここから本文です

なぜ、幕府軍は新政府軍に負けたのですか?

アバター

ID非公開さん

2019/7/2006:56:24

なぜ、幕府軍は新政府軍に負けたのですか?

閲覧数:
55
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

bro********さん

2019/7/2007:47:04

薩長軍が天皇の軍隊の印である 錦の御旗になることに成功したからです。
幕府は大政奉還していますから 天皇の元、徳川藩は将軍の地位にはありませんので、他の藩と地位に同じになりましたので、
天皇の軍隊と認められた薩長軍に刃向かうのは 朝敵になります。
徳川関与の藩以外は 天皇の軍に参軍を求められ、朝敵とされた会津藩や庄内藩の攻撃に協力しました。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2019/7/2211:45:07

佐賀藩が強かったからです。

nam********さん

2019/7/2011:14:15

幕府軍が強かったのは関ヶ原の頃だけ、幕末には、先祖は強かったという伝説に酔いしれて、気位ばかり高いが惰弱な旗本御家人のお坊ちゃまばかり。

幕府が彼らを招集しても、ものになるやつが集まらない。そこで人は出せないから献金でご勘弁と云うことで、その金で街のごろつきやあぶれものを雇って、フランス式訓練で鍛えたから強かった。
しかし、鳥羽伏見の戦いでも、いったん負けてくると踏ん張れない、こんなところで死ぬのはマッピラとばかり、さっさと逃げ出す、幕府の上官がとめても、「後退しろとの命令だ」とうそぶいて逃げたとか。

また、譜代の諸藩も金がないのでやる気がない、幕府の権威も凋落しているので命令に従わない、出兵を渋る、当然士気は上がらない。

一方薩長は、特に長州藩は自藩が生きるか潰されるかという緊張感から農民まで必死に藩を助けて協力する。この士気の高まりの違いは大きかったのです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2019/7/2007:46:35

弱っちかったから

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる