ここから本文です

ドローンの付属電池がリチウムポリマー電池(3.7V/380mAh)なのですが、 予備電池としてカ...

nak********さん

2019/7/2208:53:09

ドローンの付属電池がリチウムポリマー電池(3.7V/380mAh)なのですが、
予備電池としてカメラのリチウムイオン電池(3.7V/925mAh)が使えれば、

何倍も安く容量のある予備電池になるかと思い、実験してみました。

結果は電源は入るものの、一瞬プロペラが回って止まる、または動かない、
たまに十数秒程回る時があるものの、回転速度を変更すると停止する。

といった動作になり、考えられる要因としては、
電池側ないし本体側、もしくは両方に回路が入っていて、電池の種類を識別して、リチウムポリマー以外では動作しないようにできている。
またはリチウムポリマーとリチウムイオン電池の出力特性が関係?

どういった理由が考えられるかお聞きしたく質問させて頂きました。
予想がつくかたがおられたら回答いただけると嬉しいです。

補足一応発火が怖いのでコンクリ上でドローンを固定し、散水用シャワーホースを準備して実験にあたっています。

電池は両方共満充電済みで、テスターで計測したところ、両方約4.1Vの電圧が出ていました。

また単4サイズのニッケル水素電池3つを直列につなぎ実験した所、こちらは電源は入るものの、プロペラは1秒以上回ることはなく、一瞬回るか一切回らないかといった動作でした。

閲覧数:
26
回答数:
4
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kup********さん

2019/7/2213:36:05

デジカメ用のリチウム電池は過充電過放電防止の保護回路が入っていて多くは過電流にも対応しています。
一方空ものでリチウム使う場合は20分飛べればすごく長い方で380mAh程度だと数分程度しか飛べないでしょう。
消費電流が1桁くらい違ってきます。
空もの用の電池のほとんどは保護回路なんか積むと電気の流れが阻害されて保護回路の無い危険なものを自己責任で使うことになります。

リチウム充電池はもともと内部抵抗が小さいですが、空もの飛ばすには特に内部抵抗が小さいものが必要です。

Ni-MHは乾電池と比べれば内部抵抗が小さいですがリチウムと比べるとずっと大きいので浮き泡がるパワーが出なくても当然です

なお、見掛けの表示が良くても実際に長く飛ばせるとは限りません。
380mAhの方が420Ahのものより長く飛ばせる場合もあり得ます。
容量測定してみると実際に小さいんですが、内部抵抗の小さい間が広い(=電圧がt買い)とそうなります

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

jikkenlabさん

2019/7/2214:16:06

>ちなみに、リチウムイオンバッテリーの発火には水は無意味というか、かけてはいけません。

という回答もありますがそんな事もありません。
ただし、大量にかける事が必要です。
参考。
http://kenkou888.com/category18/%E3%83%AA%E3%83%81%E3%82%A6%E3%83%A...

カメラのリチウム電池に電流を制限する回路が入っているのでしょう。
カメラはそれほど大電流を必要としません。
ドローンは結構な電流を使用します。

また、カメラは電池と通信し合う製品もあります。
正規メーカーの製品以外を排除するなど色々です。
このへんが自分で判るようになってからでないと色々な意味で危険です。
試す事は良いのですが十分な注意が必要です。

せかせかさん

2019/7/2209:59:45

カメラのバッテリー側に過電流防止回路が入っていると推測します。
で、カメラよりもドローンのほうが消費電流が大きいため、過電流防止回路がすぐに動作したり動作するまで時間があったりして、ドローンのモーターが安定しない、ということでしょう。

リチウムイオンバッテリーのほとんどには、いろんな異常事態を防ぐための保護回路が入っています。過電流防止は必須とも言える回路です。過電流により加熱すると、悪循環により連鎖的に加熱してバッテリーが発火する危険性があります。なので、製品の使用上限電流に合わせた過電流保護回路が、ほぼ必ず入っています(安物には入っていないようですが)。

カメラで一番電力を食うのはフラッシュですが、これは一時的にキャパシタに電力を蓄積するので、バッテリーにはさほど電流が流れないようになっています。あとはフォーカスやズームのモーターくらいですね。ドローンに比べれば微々たるものです。


ニッケル水素で上手くいかないのは、リチウムイオンに比べてニッケル水素の方が内部抵抗が高くて電流が引き出せないからです。重量が重くなるのは承知の上で、単5タイプを3本直列にして、それを2セットまたは3セット並列に接続してみてはどうでしょう。(つまり、合計6本または9本)


ちなみに、リチウムイオンバッテリーの発火には水は無意味というか、かけてはいけません。油火災に水がNGなのと同じです。水蒸気爆発して周囲に飛び散る可能性があります。
燃えだしたリチウムの燃焼を止めることはできません。マイルドな火薬に火がついたと思ってください。延焼を防ぐために大量の土や砂をかけるとかの方がまだマシです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

lon********さん

2019/7/2209:25:01

■「実験が失敗に終わった」と言う事ですね。
だから…何なの?

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる