ここから本文です

原始仏教、テーラワーダ仏教に第三の眼についての言及はありますでしょうか?

アバター

ID非公開さん

2019/8/517:19:28

原始仏教、テーラワーダ仏教に第三の眼についての言及はありますでしょうか?

受念処を7日実施してからの出来事でした。
半年前から、24時間開いていて磁石のように吸い込まれます。
oshoなどは瞑想に取り入れているため、後に確認しようと思っています。

閲覧数:
14
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

human_beingさん

2019/8/714:52:39

「大乗仏教の如来像などの眉間には『白毫』があり、チベット密教の如来像などの眉間には『第三の眼』がある。これらはそれぞれ歴史上いつ表現され、典拠とされたものは何で、その意味や働きは何か、理解出来る資料を紹介してほしい。後者の呼称はチベット語でどう言っており、意味は『第三の目』であるか確かめてほしい。」

という質問の回答がリンク先にあり

http://crd.ndl.go.jp/reference/modules/d3ndlcrdentry/index.php?page...

中村元氏の記述が引用されていますが、

「しかしこれは後代のヨーガでのべることであり、仏典には出ていない」

とあります。パーリ文聖典には出てこないようです。

アバター

質問した人からのコメント

2019/8/7 20:04:35

ありがとうございますm(^^)m

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる