ここから本文です

投票受付終了まであと3日 ベストアンサーにふさわしい回答に投票してください

投票すると知恵コイン5枚プラスされます。

個人事業税について詳しい方に質問です。 A県に住民票を置いていますが、B県に...

アバター

ID非公開さん

2019/8/523:52:04

個人事業税について詳しい方に質問です。

A県に住民票を置いていますが、B県にある法人の代表をしていることもありB県にいることが多いです。そのため、不動産の貸付関係はB県にある自身が代

表を勤めている会社が対応の窓口となっております。
(貸し付けている不動産もB県にあります。)

このたびA県から個人事業税の不動産貸付業として課税通知書が届いたのですが、A県で課税されるのは正しいのでしょうか?

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
4
回答数:
1
お礼:
500枚

違反報告

回答

1〜1件/1件中

uwa********さん

2019/8/601:28:33

実はそうだったんですかぁ・・・



でも、個人事業税の課税通知書や納付書等は

事業主の住所地宛てに送付されて来るのが

至極当然の事で普通に一般的な事でしょうねっ/


此れは全くの余談に成りますが、私の場合も

事業所と私個人の住所は別ですが税金関係の

書類等は開業当初から数十年間、総て私個人の

住所地宛てに送付されて来てますよっ//


因みに、県知事の許認可等の登録地は事業所です

ので、貴方の場合も其れで正解でしょうねぇ・・・

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる