ここから本文です

大江健三郎がノーベル文学賞を受賞した作品は

アバター

ID非公開さん

2019/8/717:21:33

大江健三郎がノーベル文学賞を受賞した作品は

ア 津軽 イ 砂の女 ウ 人間失格

エ 金閣寺 オ 新しい人よ眼ざめよ

アとウは太宰治の作品だと分かります。
大江健三郎さんがノーベル文学賞を受賞した作品イ、エ、オのうちなんですか?

閲覧数:
31
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2019/8/718:26:19

イ『砂の女』は安部公房著、エ『金閣寺』は三島由紀夫著。
大江健三郎氏の著作はオの『新しい人よ眼ざめよ』です。

ただし、ノーベル文学賞というのはひとつの作品に対して与えられるものではなくて、作家活動や作品全体を評するもの、文学者に与えられるものです。
ので、その設問自体が誤りで(選択肢の中に正解がない)、正確には
「ノーベル文学賞を受賞した作家・大江健三郎氏の作品はどれか?」とすべきでしょう。

アバター

質問した人からのコメント

2019/8/7 20:50:51

ありがとうございました。助かりました。

Yahoo!知恵袋 特別企画

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる