ここから本文です

ノ~トパソコンからケ-ブルで繋ぐ家庭用プリンタ~の推奨機種教えて下さい・・?

zmd********さん

2019/8/916:51:06

ノ~トパソコンからケ-ブルで繋ぐ家庭用プリンタ~の推奨機種教えて下さい・・?

閲覧数:
15
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

e90********さん

2019/8/917:12:21

用途は主に何に使いますか?
置き場は広いのでしょうか?

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

kur********さん

2019/8/920:58:32

写真印刷画質はどのプリンターメーカーも大した差は有りません。
違いは各メーカーが標準搭載して居るカラープログラムが
標準で使用する側の発色好みに近いかどうかの違いです。
之は第三者の視点で何処のメーカーのどれが良い等と言っても
たいした参考には成らず、使用する本人が実際に
家電量販店店頭に出向き、量販店スタッフの今日はこのメーカーの
を売りたい攻撃を匠に交わして、各社の主力機種を実際に
見て・触って・操作して写真画質サンプルを見比べて
自分の好みの発色により近いメーカー機種を、
購入後の維持費も十分計算した上で公開の少ないメーカー機種を
選択される事です。
実際この時期は 09月(2019年秋モデル)えの入れ替えで、
2018年秋モデルの店頭在庫一掃セール真っ只中で
プリンター各メーカーの主力人気機種がかなりお買い得と
成って居る場合も有ります。

プロフィール画像

カテゴリマスター

H.Intelさん

2019/8/919:53:38

コピー70枚/月、文書印刷30枚/月、写真10枚/月というのは、多くも無いですが少なくも無い、ちょうど良い印刷頻度ですね。
多すぎても少なすぎてもプリンターの寿命は短くなります。
通常5年程度が寿命と言われるところ、10年使えたのも、このちょうど良い印刷量だからでしょう。

さて、印刷内容を見ると、文書も写真もという事なので、写真重視のエプソンや、文書重視のブラザーより、どちらも綺麗なキャノンから選ぶのが良さそうです。
今お使いの機種もキャノンなので、設定画面なども慣れているのもメリットです。

PIXUS MP610のスペックを確認すると
●インク構成:5色(顔料ブラック+染料4色)
●CD/DVDレーベル印刷:対応
●自動両面印刷:対応
●印刷速度:L判写真18秒
●印刷コスト:L判写真13.4円/A4カラー文書6.5円
●給紙方向:前面給紙カセット+背面給紙トレイ
●スキャナ:4800dpi CISスキャナ
●メモリカードから写真印刷:SD/MS/CF対応
●コピー:拡大縮小コピー・レーベルコピー・写真焼き増し風コピー
●液晶:2.5インチ
●インターフェース:USB2.0
●本体サイズ:471×396×214mm
です。

プリンターは年賀状シーズンの少し前9~10月に新機種が出るため、今は最も価格が安くなっている時期です。
新機種と言っても大きくは変わらないことがほとんどなので、安い今のうちに買ってしまうのがお得だお思います。

PIXUS TS8230(16,000円台)
https://cweb.canon.jp/pixus/lineup/allinone/ts8230/
CD/DVDレーベル印刷やメモリカードからの印刷機能も考えるならこの機種です。
インクはグレーインクを追加した6色インク構成ですので、MP610より少し写真画質が上がります。
CD/DVDレーベル印刷や自動両面印刷対応、印刷速度はL判写真18秒で同等です。
前面給紙カセットと背面給紙トレイという構成も同じですが、前面給紙カセットは普通紙専用になっています。
印刷コストはL判写真19.4円、A4カラー文書9.9円とMP610より高くなりますが、印刷枚数がそこまで多くないので、印刷コストが安い代わりに40,000円近くする上位機種を買うほどではないでしょう。
SDカードからのダイレクト印刷も可能で、2400dpiのCISスキャナを搭載でコピーも出来ます。
液晶は4.3インチでタッチパネル操作なので、操作性は良好です。
インタフェースはUSB2.0に加えて、無線LAN(Wi-Fi)対応なのでスマホからのプリントにも対応しています。
本体サイズは373×319×140mmで、MP610より大幅に小さくなっています。
ただし、前面給紙カセットにA4/B5用紙をセットする場合は、45mm飛び出て奥行きは364mmになります。

PIXUS TS6230(12,000円台)
https://cweb.canon.jp/pixus/lineup/allinone/ts6230/
逆にレーベル印刷機能や、SDカードからのダイレクト印刷機能が不要なら1つ下位モデルのTS6230でも十分かもしれません。
インク構成はMP610と同じ5色構成なので画質は変わりません。
印刷速度もL判写真18秒で同等です。
また、前面給紙カセットと背面給紙トレイという構成もTS8230と同じです。
自動両面印刷も対応していますが、ハガキには非対応なのがMP610やTS8230との違いです。
印刷コストはL判写真17.3円、A4カラー文書9.6円です。
スキャナ解像度は1200dpiに下がりますが、紙原稿だけなので問題ないでしょう。
コピー機能も豊富です。
晶は3.5インチでタッチパネル操作なので、操作性は良好です。
インタフェースはUSB2.0に加えて、無線LAN(Wi-Fi)対応なのでスマホからのプリントにも対応しています。
本体サイズは372×315×139mmで、MP610より大幅に小さくなっています。
ただし、前面給紙カセットにA4/B5用紙をセットする場合は、45mm飛び出て奥行きは360mmになります。

これより下位モデルだと、機能面で劣る割に価格差が小さかったり、カラーカートリッジが一体型になり印刷コストが上がったりと、MP610からの買い換えだとあまりおすすめできません。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる