ここから本文です

私は神です。

アバター

ID非公開さん

2019/8/1003:39:43

私は神です。

全知でも全能でもありません。至って普通の人間です。

しかし、私は神なのです。

何故ならば、私が生きている世界というのは必ず『私』というフィルターを通してしか見ることが出来ないからです。

つまり、私に影響を及ばさなければそれは世界に存在しないことと同義です。

例え、宇宙の果てで大規模な戦争が起こっていても、例え、微生物がラブロマンスを繰り広げてても、私が観測しなければそれは無かったことになるでしょう。

『私』とはつまり世界です。

私の為に世界中で食物連鎖が起き、私に何らかの影響を及ぼすために人間社会ができ、私が誕生するまでのプロローグとして、地球は数億年の歴史を歩んできたのです。

今、この知恵袋を読んでいるあなたも私が書いたこの文章を読むために生まれてきたのです。

また、私が死ねば世界もまた終わります。

私が明日交通事故で死ぬことと、明日隕石が地球に落ちて世界が滅ぶことは同じ事です。

全ては私の為に存在しています。

だからこそ『私』は私の中で神なのです。

反対意見お待ちしています。

閲覧数:
46
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

大和さん

2019/8/1006:43:28

病院に行った方がよろしい

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

h0q********さん

2019/8/1013:02:13

「私」が死んでも世界は終わりません。
「私」が死んで塵と帰しても
世界は依然として存在し続けるであろうということです。
しかも、「私」が今日いかに生きるかということは、
その世界と無関係ではあり得ないのです。
先人の架けた橋のゆえに、わたしたちは川を渡ることが出来ます。
好むと好まざるとに関わらず、一人の人間の生は他の生と連なっていて
そこには無化することのできない関係が厳然として存在します。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

hoh********さん

2019/8/1008:55:40

別に神ではないけどね

私を神と呼ぶのは勝手ですからご自由にということでしょう

また、私=微生物でもあります

私は神であり微生物でもあるということ

「私の世界」ですから、私がなくなれば「私の世界」もなくなります
至極当然の話です

私の世界=その世界を持っている私がある

私の身体=その身体を持っている私がある

私の考え=その考えを持っている私がある

結局、私が何かは誰にも分からない

分らないものがなくなっても、何の影響もありません

pap********さん

編集あり2019/8/1005:24:28

我思う ゆえに 我あり!って事を

表現したいのですね。


天上 天下 唯我独尊、


覚者はそう言う表現しています。

tai********さん

2019/8/1004:10:40

神というのは信仰の対象となるものの総称なのですが?

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

cya********さん

2019/8/1003:49:56

訳わからん理屈言ってないではよ寝なさい。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる