ここから本文です

コンクリート厚み100mmの耐荷重

sat********さん

2008/12/513:56:49

コンクリート厚み100mmの耐荷重

あとから判った話なのですが、工事で屋外コンクリート床の上に高さ2m横幅0.6m奥行き0.5mの立方体重さ約100kgの電気制御盤を据え付けたのですがその床はコンクリート厚み100mmでその下が砂だと聞きました。その盤は床からアンカーにて固定しているのみなのですが暴風などにより倒れるおそれまたは砂地により沈下のおそれはないでしょうか?また、補修が必要な場合どのようにすればよいでしょうか?ちなみに、その盤は電源が止められない為動かす事ができません。
困っています。色々調べたのですが判りませんでした。良い返事を期待しております。

閲覧数:
31,083
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ihm********さん

編集あり2008/12/521:07:07

コンクリート厚み100mmにアンカーボルトを設置している事に問題があります。
見た目だけでアンカーは一切効力が無いものとお考え下さい。
沈下も考えられますが、地震時の転倒・滑動が懸念されます。
基礎から作り直す必要があります。
補修は難しいと思います。

耐荷重ですが、アンカー部分に集中荷重が掛かると思われます。
鉄筋が有っても通常はアウトでしょう。

暫定的な措置としてステー(支線)を取る事です。
安全上スチールワイヤーでは無くグラスファイバーなどを用いると宜しいでしょう。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

shi********さん

2008/12/521:56:15

コンクリートの強度は不明

鉄筋も不明

地耐力も不明

地域も不明

と厚さと制御盤のサイズと重さしかわかりませんね。

そのサイズで100キロあれば、暴風では倒れないでしょう?

風速30mは?

地震では倒れる可能性が大ですね。

それが倒れて誰かが死ぬかというと死なないでしょ?

ということで、専門家に検討してもらうか?

地震で倒れて、電気がどうなろうと人は死なないなら

まあいいやです。

アンカーは多少は効きます。

ないよりは全然ましと言えます。

まあ動かすことが嫌なら(出来ないのが超疑問)

そのままほっときましょう。

効果がある施工は一度どかさないと出来ないと思います。

安くやるなら、バットレス等で補強してください。

簡単にいうとつっかえ棒で支えるです。

sou********さん

2008/12/516:06:53

先に回答者がいるのに失礼とは思いましたが・・・・・。
コンクリートの圧縮強度は構造体で使用する最低のもので18N/mm2約1.8Kgf/mm2(1.8tf/cmm2)
つまり、1cm四方の面積で1.8t(1800Kg)の強度があります。鉄は約その20倍です。
したがって、先の回答者の方は、その下の地耐力(地盤が荷重に耐える力)の問題で、5t/m2あるのでOKですという回答なのです。
また、100Kgの重量ということなので、風にに対しても自重で問題ないと思いますが、
一番気になるのは地震です。
一般的に土間コンクリート(質問内屋外コンクリート床)は鉄筋とコンクリートで出来ています。
地震が起きたときに、猛烈なエネルギーで横に揺れる地震の力は制御盤のアンカーを引き抜こうとする力を作用させます。
前述したようにそれぞれの材料の強度はそれなりにあるのですが(ただしコンクリートの引っ張り強度は圧縮強度の1/10)、
アンカーと土間コンクリート内の鉄筋が正しい位置にないで、アンカーに引き抜き力がかかり、
その上に鉄筋の配置されていない薄いコンクリートだけだと転倒します。

ただ、一般的に考えれば100mm厚の鉄筋コンクリートなら、全然、問題ない仕様と思います。

プロフィール画像

カテゴリマスター

yub********さん

編集あり2008/12/609:16:28

ちょっと、これは答えるのが難しい・・。
かなり縦長の制御盤なので、屋外に単独で立っている場合、暴風で転倒・・という恐れは十分にありますね・・。
実際、私が住宅建築工事に携わっていた時、建築途中ででしたが、同じような大きさ、重量、の電気温水器が、あと施工アンカー(機械式)で下部のみとめ、上部の転倒防止管具を取り付けてない状況にあったとき、台風により転倒し、全損させた苦い経験があります。

沈下につきましては、制御盤の置かれている屋外の土間コンクリートの広さが十分であれば、よっぽど地盤が悪くない限りは大丈夫だとは思いますが・・・

ただ、制御盤の下部を止めているアンカーがあと施工タイプ(特に機械式)の物の場合、暴風時の転倒モーメントに対し、それに耐え得るだけの引き抜き耐力があるか、甚だ疑問に思います。

今更、移動することができない、運転停止もできない・・となると・・

①近くに、しっかりとした構造物があれば、制御盤の上部とその構造物を金具などでつなぎ、転倒しにくくする。という方法が簡単だとは思いますが、制御盤の箱の中に雨水等が侵入しないように、また箱の十分に強度のある部分に転倒防止金具を取り付けなければならない、という点に注意が必要かと・・。

②又は、TVのアンテナみたいに、ステンレス製などの耐候生のあるワイヤーで、3方、あるいは4方から引っ張る。
この場合も、箱の強度のある部分にワイヤーを取り付けること、また雨水の侵入にも気をつける必要があると思います。
また、ワイヤーと地面(またはそれに代わる場所)とは、コンクリート内にアンカーを埋め込みつなぐのが良いのではないか?と思います。

③又は、いま付いているアンカーがあと施工タイプなどで不安なら、1本づつ、埋め込み型のアンカーに代えていく(多少時間がかかります)どのような形状になっているか、全く分かりませんが・・
今付いている、アンカー周辺のコンクリートをカットしハツリとり、そこに埋め込み式のアンカーを据え、コンクリートで埋めなおす。
それが固まったら、次のアンカーについて、同じことをアンカー1本づつ繰り返していく・・。という方法もあるのでは・・。これだと、移動しなくても何とか可能かと思いますが・・。
この場合カットした部分だけが、もし制御盤が転倒しようとしたとき、打ち直したコンクリートごと引き抜けてしまう可能性もあるので、今ある土間のコンクリートに鉄筋が入ってないと危ない、と言えるかもしれません。鉄筋が入っていても、部分カットしハツリ取る時に、鉄筋を切ってしまわないように注意する必要があると思います。

追記
<他の回答者様が、風は問題ではない・・と言っていますが?>
その大きさで、重さが100kgなら、中身が一様に詰まっているとすると、比重は0.166しかなく、これは世界で最も軽い木材のバルサー材の乾燥比重くらいしかありません。水の1/6程度。
転倒しやすさは、制御盤の重心高さにも大きく影響されるので、なんとも言えませんが、そんな軽くて、しかも底辺と高さの比率が1:4というものが風に対しては大丈夫と言えないはずです。
ごく一般的な話ですが、軽いものは風に弱く、重いものは地震に弱いと言えます。(重心にもよる)
重心が相当に低い位置にあれば、地震に対しても転倒はしにくいでしょう・・。
あまりにも当然のことですが、ちょっと気になったもので・・・。

長々と書いた割には参考にならないかもしれませんが、悪しからず・・。

以上。

dot********さん

2008/12/514:59:45

http://www.mmjp.or.jp/honki/ie/kiso12/kiso12.htm

この表に寄れば砂盤はm2当たり5tの地耐力が期待できます。
コンクリート版の大きさが記されていませんが、恐らく、1m四方でしょう。
単純に100kの重量物は難なく支持しています。10cm厚の剛体コンクリートとして。
沈下も起こらないでしょう。
私は地震の専門家ではありませんが、形状が横揺れに弱い恐れがあります。
基礎コンが1m四方だったら、10cm厚に差し筋を打ち込み、1.5m四方にしませんか。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる