ここから本文です

海外の不良

アバター

ID非公開さん

2019/8/1523:12:45

海外の不良

マイクタイソンや格闘家の有名人の話でよく聞くんですけど

「治安の悪いスラム街で育って、ストリートファイトに明け暮れた」
みたいなエピソードってありますよね。
日本のプロレスラーの金本浩二も、メキシコへ武者修行に行った時などに、治安の悪い地域で何度もケンカを吹っ掛けられた... . などと雑誌に書いてましたし。。

でもその手の話にはあまり信憑性がないように思えます。だって外国の不良って、
喧嘩といっても基本的には銃撃戦なんじゃないんですか?
ギャング同士の抗争などでも真っ先に銃撃戦になるのが普通ではないのですか?
日本の不良みたいに「素手のタイマンでケリを着ける」といった概念はあるんですか?わざわざ彼らが銃を置いて、正々堂々と闘っている状況が想像できません。

仮に成立したところで、他の敵対チームに射殺されるのがオチではないのですか?
それとも、別に普段から銃を持ち歩いてるわけではないんでしょうか?我々はスラム街と聞けば、つい毎分毎秒 常に銃弾が飛び交ってたり、人が殺されてると想像しがちですが、抗争以外の武器を所持していない時には、普通に殴り合いをすることだって稀ではないんでしょうか??

補足相当ヤバイ場所を除いたら、基本的に武器を持ち出したりするのは縄張り争いや強盗のときのみって事ですね。。それ以外のプライベートの揉めごとでナイフなどを使用すれば「卑怯者」のレッテルを貼られるのは、日本の不良と同じなのですね笑
まぁ脅しで用いることはあるかもしれませんが、、、

閲覧数:
49
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ran********さん

2019/8/1611:38:18

アメリカ人の間には
「男同士のケンカは正々堂々の殴り合い」
という意識が強いです。
ジョン・ウェインの西部劇のイメージですね。
ナイフなどを使うと「卑怯者」呼ばわりされます。

メキシコの事は分かりません。
中国では青年のケンカは刃物を使っての斬り合いです。
ブラジルのスラム街では銃の撃ち合いが頻発しています。
本当にヤバイ地域では「卑怯」だなんて言っていられませんね。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2019/8/1607:05:04

これは日本での話ですが

1950~1960年代は一般人同士の揉め事で相手がブチ切れて刃物をだしてくるのはよくあったらしく犯罪記録として明確に残っています。
また、一般人が犯罪を起こした時に相手を武器で死傷させる確率も高かったとの事です。

1970~1980年代については武器を使っての事件は減りましたが一般人同士の揉め事が起こった場合は相手を殴るなんてのは頻繁に起こっていました。
また、この頃は校内暴力、体罰が全盛時代でした。ただ、前の世代とは違い相手をすぐに死傷させるという事は減ったようです。

1990~2000年代は比較的平和?

2010年代以降については直接的な暴力からネットを利用した間接的な言葉の暴力にかわりつつあり、SNSによる苛めが社会問題になっています。

ちなみに中世だともっと乱暴でちょっとした事で殺し合いになっていました。特に日本人は農民から武士階級が発生したため全国民が武装していたので他の国よりもひどかったと思います。


何が言いたいかというと民度が低いとちょっとした揉め事で簡単に暴力を行使して問題を解決しようとするようになります。下手をすると挨拶がわり一発殴っとくか♪みたいな、今の感覚では理解しがたい世界だと思います。

参考になれば幸いです。


追伸
昔の教師が人格者で素晴らしい人が多かったと言われるのは下手な事をすると保護者、生徒にやられるからです。文字通り命をやられます。
とある合気道の先生が機動隊に指導をつけにいき、やりすぎて隊員に闇討ちをかけられたというエピソードがあります。
理解できないですね。事実は事実として認識はしますが・・・

chi********さん

2019/8/1600:44:45

銃を使ったりするギャングもいるだろうけど、
それは縄張り争いの抗争レベルの話でしょ。
その手前の、チンピラ同士の殴り合いとか
普通にあると思うけどね。

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

プロフィール画像

カテゴリマスター

2019/8/1600:00:11

空手バカ一代の内容が史実だったのかどうかと同じで
過去話や武勇伝なんて原則言ったもの勝ちなのですから、
それがちゃんと今につながる面白いストーリーであれば
「その嘘買った」
というケツの穴のデカいスタンスで対応してやり、
深くは触れないでいるのが紳士協定というものです。

亜種として、
ガキの頃は虐められていたがそれをバネに発奮して今は強くなった
みたいなロマンのあるストーリーも典型的ですね。


ジャンルは遠いですが、
かつてはゴッドハンドとまで讃えられるほどの遺跡発掘のマエストロで
旧石器時代の遺跡のほとんどを掘り当てたと言われる藤村新一氏
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%97%A4%E6%9D%91%E6%96%B0%E4%B8%80
も、少年時代から考古学を夢見ながら成長したみたいな過去話を
喧伝していたようですが、
考古学史上に残る大規模捏造行為の主犯だったことが発覚して
その過去も深く検証されてしまい、
実際には少年時代に考古学などまったく興味がなかったらしい
ということまでが暴露されて、晩節を汚しました。

bai********さん

2019/8/1523:34:42

強盗とかは銃やナイフを使いますが、
身内とかの暇潰しに素手での戦いを遊び半分にやったりはするそうですよ。
それを旅行者にやるかというと…ねぇ?

ただ、格闘家のその手の話は真面目に聞かない方がいいかと。箔をつける為でもありますしね。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる