ここから本文です

ジャイアントのスポーツバイクについて質問です。エスケープRX1とコンテンド1は、...

ジャイアントのスポーツバイクについて質問です。エスケープRX1とコンテンド1は、エスケープRX1の方が高いアルミを使っていますが、それによって何が良くなりますか?

皆さんの意見を聞かせてください。詳しい回答お願いします。

閲覧数:
77
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2019/8/1608:30:22

まず、素材ですが、AluxxとAluxx SLではAluxx SLの方が重量剛性比が良いアルミ合金です。Aluxx SLが6011アルミ合金で、Aluxxが6061アルミ合金です。

https://www.giant.co.jp/giant18/technology_sub.php?tec_name=aluminu...

ジャイアントのアルミ素材にはこの上にカーボンキラーと言われるAluxx SLRというアルミ合金もありますが、こちらは素材としてはAluxx SLと近い6011Aアルミ合金というもので、大きな違いはアルミの成形と溶接方法にあります。イメージ的に言うと以下のようになります。

Aluxx→Aluxx SL=軽量性アップ&剛性アップ
Aluxx SL→Aluxx SLR=軽量性アップ

ですので、フレーム素材としては、明確にAluxx SL>Aluxxになります。体感差としては踏み込んだときのカッチリ感が上がり、スポーツ性能がアップします。各アルミ合金の採用状況ですが、クロスバイクはEscape RXシリーズからAluxx SL合金がフレームに採用され、ロードバイクではContend SLシリーズから採用されています。


一方、フレームですが、Escpe RXとContendは方やクロスバイク、方やロードバイクですので、基本的なジオメトリがまるで違います。一番大きく変わってくるのは、トップチューブの長さや、クリアランスで、これによりライドポジションがアップライトになるのか、前傾姿勢になるのかが決まってきます。姿勢が変わると、前方からの風を受ける面積が変化します。空気抵抗は速度の二乗に比例して大きくなります。そして加速に必要なパワーは速度の三乗に比例して必要になります。

自転車に乗るうえで生まれる抵抗は機械抵抗、路面抵抗、空気抵抗がありますが、速度に比例して大きくなるのは空気抵抗だけです。低速の場合、空気抵抗は大したことはないのですが、40km/hを超えると空気抵抗が自転車を走る抵抗のほぼすべてを占めるほど大きくなります。ここでライド姿勢の差による空気抵抗の違いが大きくそこからさらに速度を上げるうえで必要になるパワーに差を生じさせます。

ですので、街乗りで出せる30㎞/h辺りまではクロスバイクもロードバイクもそう加速に必要なパワーに差はでず、速度に差はでませんが、40km/hを超えるようになるとクロスバイクは人間の脚力を空気抵抗による必要パワーが上回りスピードが上がらなくなります。ですので、この基本的なフレームの差は、40km/hを超えたあたりから素材の差を上回るようになります。おそらくですが、仮にEscape RXにカーボンモデルやAluxx SLR素材のものが出たとしても、AluxxのContendには最高速度で敵わないと思います。

ただ、じゃあEscape RX1(110,000円)はContend1(100,000円)にもContend2(86,000円)にも劣るから、同じぐらいの値段を出すならContend1の方が良いかと言えば、それは乗る人の用途によると思います。前傾姿勢ということは、当然目線はアップライトより下に下がるわけでそれだけ前方視認性は落ちます。姿勢も当然窮屈になります。35㎞程度の速度域で街乗りを主にするなら、EscapeRXの方がずっと快適で取り回しが良いはずです。また、信号発進などの場合、素材の良いRXの方がスタートダッシュは良いと思います。仮に街乗りレースなんてカテゴリーがあれば、おそらくRXはContend1,2より早いと思います。

最後にコスト周りをちょっと話すと、ロードバイクのコンポの中でSTIと呼ばれる部品は結構機構が複雑で高価です。コンポのグレード上はTiagraを採用したRX1の方がSORAを採用したContend1より上ですが、フラットハンドルであるクロスバイクのRX1にはSTIが無いのでそこまでコスト高になっていないと思います。ちなみに、コンポTiagraでAluxx SL素材のContend SL2は130,000円します。つまりEscape RX1はContend 1と言うよりContend SL2の「クロスバイク版」と言えます。ですので、Contend1や2に比べて、フレーム素材的にもコンポ的にも上位グレードを使っているEscape RX1の方が自転車としての完成度は高いと思います。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ign********さん

編集あり2019/8/1622:41:50

真下の方にナイスしましたよ。


...少なくとも

クロスバイクなのに

高いアルミを使っている

という




満足感が良くなります。

cam********さん

2019/8/1609:11:13

アルミ合金の種類で当然違いはあるんだろうけど、それだけでフレームの質がきまるわけではない。例えば、一般的な自転車用は6000番台のアルミ合金だけど、その上に7000番台のアルミ合金がある。硬くて軽量なフレームを作れる。
ところがFELTのアルミロードは旧モデルは7000番台アルミだったのにフルモデルチェンジでより一般的な6000番台アルミに変更された。性能が下がったのでは?と思うよね(笑)
ところが剛性は上がったそうだ。設計や加工技術で素材のハンデを上回ったわけだ。フレームはジオメトリで大ざっぱな性格が判るけど、それ以上のことは乗ってみないと判らないんだよ。

他に似た質問してたけど、ジオメトリをよく読んで、なにが違うか、その違いがどう影響するか考えてごらん。夏休みの暇つぶしにちょうど良いでしょうね(笑)

編集あり2019/8/1608:18:32

自転車用素材の場合、高いアルミは剛性が高くてこぐ力が無駄なく自転車に伝わる反面、地面からの振動を吸収できないので乗り心地が悪くなります。安いアルミは逆で、乗り心地は良いけど力が逃げてスピードが出にくい。
素材の特性としてはそうですが、ふつうの人が街なかで時速25キロ前後で走る分には、まったく違いなんてわかりませんよ。乗車姿勢やホイールの差の方が大きいです。
個人的には、一日に乗る距離が50キロまでだったらクロスバイクのエスケープで十分だと思います。
100キロ走るなら、ロードバイク(コンテンド)とクロスバイクの違いはかなり明確に体感できます。ロードバイクはドロップハンドルのおかげで姿勢を変えながら走れるので、たとえスピードを出さなくても疲労がたまらないメリットが大きいです。

xsj********さん

2019/8/1601:44:06

まず、エスケープとコンテンドでは種類が違います。エスケープがクロスバイク、コンテドがロードバイクです。
同じスポーツバイクじゃんと思うかも知れませんが、雲泥の差があります。
クロスバイクは、街乗りからちょっとしたツーリングに適しています。サドルも比較的柔らかく、姿勢も高くなるので疲れにくいです。また、タイヤも太いものが多く、乗り心地も良く、安定して、ギアも軽くて多段なものが多いです。
一方、ロードバイクは、楽に速く、遠く行くことに特化して作られています。まず、STIレバーという、ギアのシフターとブレーキが一体になったレバーと、大きく曲がったドロップハンドルがあります。これにより、前傾姿勢になり、空気抵抗が減り、速く進めるようになります。ギアもクロスバイクに比べると少ないですが、大きく、速く進むのに特化しています。ロードバイクは普通に漕ぐだけで20~25キロ位は軽く出ます。スプリント(激チャり)をすると初心者でも40キロ近く出ます。しかし、その分危険性が高いです。また、コンテド1は完全にロードバイクのエントリーモデルなので、もっと上を見ると、カーボンフレーム、ディープリムカーボンホイールないし、軽量アルミホイール、コンポも高いものではウン十万します。沼です。
通勤、通学等に使うのであればエスケープで十分です。どちらもアルミですが、対して大きな差はありません。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる