老齢厚生年金の場合、一定の要件(厚年期間が240月以上)に該当すれば、例えば夫が65歳から妻が65歳に達するまで加給年金はが支給されますが、障害1・2級につく加給年金は、厚年期間240月以上要件は必要なのか? 障害

年金76閲覧

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

その他の回答(3件)

0

障害年金は短期要件としての支給になります。短期要件とは加入期間が少なくても請求における納付要件を満たせば請求できるという要件です。直近1年に未納でないこと、もしくは2/3納付していることです。これに該当しての請求が短期要件です。 短期要件の場合、25年納付ありとみなしての支給になっています。5年の加入期間であっても短期要件に該当すれば25年分の支給になるものです。 25年とみなされるので、20年はクリアし加給年金額の対象になるのです。 障害1・2級ということは短期要件に該当していることになるので、20年はクリアです。 しかし、障害特例は別です。障害特例は障害年金ではなく、老齢厚生年金です。ゆえに短期要件のみなしは適用されません。厚生年金20年以上の加入が必要です。 勉強中であれば、まずは基本である短期要件と長期要件の学習が必要だと思います。 遺族厚生年金も短期要件に該当すれば20年未満であっても寡婦加算が支給されますが、長期要件しか該当しないときは20年以上なければ寡婦加算は支給されません。 老齢年金に短期要件はなく長期要件です。ゆえに障害特例での加給年金額は20年以上が必要になります。

0

障害年金は、初診日の時に、厚生年金に加入していら、1か月の加入でも厚生年金から障害年金が貰えます。 逆に、職場でのストレスから退職し、その後、心療内科に行ってみたら、鬱とわかった場合は、59歳まで厚生年金をかけ続けていても、厚生年金から障害年金はでません。

0

老齢厚生年金の加給年金額は厚生年金加入期間が240ヶ月以上あることが必要です。 これに対し、障害厚生年金の配偶者加給年金額は、240月以上の要件はありません。 障害者特例で特別支給の老齢厚生年金に定額部分が支給される場合の加給年金額については、あくまでも老齢厚生年金の加給年金額なので、厚生年金加入期間240ヶ月以上が必要です。