ここから本文です

境界性人格障害の18歳です。

アバター

ID非公開さん

2019/8/1716:30:56

境界性人格障害の18歳です。

週に一度メンタルクリニックに通って、主治医の先生と臨床心理士の先生とカウンセリングをしています。
心理士の先生に依存してしまいました。
会えない日はずっと心理士の先生のこと考えてます。
病院の待合室で、好きな心理士の先生の診察室から患者が出てくるとすごく嫉妬します。
正直もう人に依存するのは疲れました。
かといって、先生を変えてもらって会えなくなるのも、また新しい人と出会うのも嫌です。
通院をやめると言ったらそれはダメだと言われました。
心理士の先生に依存してしまったら治療って難しいですか?
どうすればいいですか?
ちなみに私も先生も女性です。

閲覧数:
92
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

bra*******さん

2019/8/2201:23:00

カウンセリングや心理療法の過程で、必ずと言っていいほど起こるものに「陽性転移」というものがあります。患者・クライエントが、治療者に対して好意を始めとした肯定的な感情を抱くようになる現象です。
境界性人格障害の場合、それが依存と感じられる形で出ることも良くあります。

治療過程において、必然に近く自然に起こる現象なので、普通にそのまま治療を継続して特に問題ないというより、治療が進んでいる証拠です。
出来れば、依存的な感情があることを面接で伝えられると良いです。

むしろ、境界性人格障害の場合、気を付けるべきなのは、その反対の「陰性転移」の方です。一種の症状でもありますが、ふとしたきっかけで、一瞬で治療者が大嫌いになったり、ネガティブな感情を抱くようになってしまいます。それでも、きちんと面接を継続していければ良いのですが、嫌悪を抱くようになると、治療者を切り捨てて面接を終わらせてしまいがちです。そうなると、良くなるものも良くなりません。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2019/8/2212:06:57

    ありがとうございます
    実はこの投稿の次の日が診察日だったのですが、他の患者と話してる姿みて嫉妬と怒りに変わってしまい、来週の診察予約を拒否してしまいました。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

i_w********さん

2019/8/1717:03:42

あなたご自身が「依存している」と自覚されている、すなわち、ご自身の状態を客観的に捉えられているのですから、このままカウンセリングを続けられて構わないと思います。

心理士の先生も、あなたのこの状態に対し、何らかの対応を考えていらっしゃると思います。

依存しないようにしよう、
想いを断ち切ろう、
他の患者さんに嫉妬するのをやめよう、
などと、あなたの方で策を弄する必要はありません。
そのあたり、専門家である医師と心理士が解決に向けてのプログラムを考えてくれているはずです。

もう少し、このまま、カウンセリングを続けてみられると良いでしょう。
遠くはない将来、光が見えてくると思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる