ここから本文です

鼻のヒアルロン酸注入は失明のリスクがあるって本当でしょうか?私が施術をお願い...

アバター

ID非公開さん

2019/8/1818:50:23

鼻のヒアルロン酸注入は失明のリスクがあるって本当でしょうか?私が施術をお願いしようとしているクリニックは麻酔とヒアルロン酸別々に注射するみたいなのですがそれでも失明のリスクはあるんでしょうか?

閲覧数:
123
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

majurinさん

2019/8/1822:49:07

日本での失明例は、専門医によると、鼻を高くすることなどに使う充塡剤(フィラー)が原因だという事故がありました、フィラーは未承認薬です。

検査の結果、フィラーが血管に入って周辺の血流を止めたことが失明の原因と判明されていますが言わいる未承認薬使用での医療事故です。

100%の保証はありませんが、技術のある医師の元では大丈夫ではないでしょうか。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

sno********さん

2019/8/1820:38:49

美容整形で死の危険も!一生鼻つぶれ、歯茎むき出し多発!ヒアルロン酸注入で失明も
ビジネスジャーナル 2016年7月10日 06:01 0
「プチ整形」という言葉が登場してから、早十数年。安全で安価な手法が次々と生み出されてきた美容整形は、一昔前に比べて、より身近なものとなった。実際、2014年に国際美容外科学会が発表したデータによると、日本の美容整形手術の件数は年間126万件を超え、世界3位にランクインしている。

しかし、その一方、増え続ける手術件数に比例するかのように、後遺症や痛ましい事故の報告が後を絶たない。そんな美容整形のなかでも、特に恐ろしいリスクを紹介しよう。

●プロテーゼ挿入で一生醜く歪んだ鼻に…

美容整形手術のなかで、「目の整形」「ほくろやしみの除去」に次いで人気が高いのが「隆鼻術」だ。シリコン素材のプロテーゼなどを鼻に挿入することで低い鼻を高くする手術で、平均30万円ほどの費用で受けることができる。

一昔前の隆鼻術は、術後しばらくするとプロテーゼが鼻の先端から飛び出してきたり、鼻の皮膚が壊死したりしてしまうなど、リスクの高い手術といわれていたが、最近は事故も減ってきたとされている。しかし、「いまだに、取り返しのつかない事態に陥ってしまうケースが多々あります」と語るのは、都内にある美容整形外科の関係者・A氏だ。

「鼻は非常にデリケートな部位なので、人によってはプロテーゼを長年入れ続けているうちに、軟骨や組織が徐々に委縮していき、鼻がひしゃげたり曲がったりする場合があります。そうなると、たとえプロテーゼを抜き取ったとしても、元の鼻より低くなるばかりか、まるで思いきり殴られたように潰れた形になってしまうのです」(A氏)

鼻の組織が委縮してしまうと、元に戻すのは至難の業だという。なかにはプロテーゼを入れ換える人もいるが、鼻の組織をさらに押しつぶしてしまうことになるため、改善策とはいえない。結局、多くの人は定期的にプロテーゼを入れ替え続けるか、どこかであきらめ、醜く歪んだ鼻で一生を送るはめになってしまうのである。

「大きなプロテーゼを挿入している人ほど、そうしたリスクも増大します。芸能人などには、SF映画『アバター』(20世紀フォックス)に登場する宇宙人・ナヴィのように、不自然に隆起した鼻を持つ人がいますが、そういった人は危険も大きいです」(同)

●あごの輪郭整形でしびれ、二重あご、消えないしわ…

あごの輪郭整形も、人気が高い美容整形手術のひとつだ。費用は数十万~100万円以上もかかる上、あごの骨を削ったり、切り取った骨を組み替えて理想の輪郭に近づけたりするなど、手術そのものもかなり大がかりだ。ただ、輪郭の整形はほかの部位に比べて「やせただけ」などと言い訳がしやすく、「気付かれにくい」という利点があるため、手術に踏み切る人が多いという。

しかし、輪郭整形のように骨そのものを切る手術は、目や鼻に比べて失敗した時のリスクが高く、その被害も深刻となる。あごの周辺にはデリケートな神経が通っているため手術の難易度が高く、仮に成功したように見えても、「麻痺」や「しびれ」といった後遺症に悩まされるケースが多いのだ。

実際、あごの骨切り手術を受けたBさん(34歳/女性)は、後遺症によって日常生活に支障が出てしまっているという。

「手術して4年たちますが、いまだに下唇からあごにかけてのしびれが取れません。それに、意識していないと下唇が勝手に下がってくるから、気付くと歯茎がむき出しになってしまいます。ご飯を食べる時も、よくポロポロこぼれるので、レストランなど人前では食事ができなくなりました」(Bさん)

ほかにも、「水をうまく飲めない」「よだれが勝手に垂れてくる」「口を大きく開けなくなったので、おにぎりなどにかぶりつくことができなくなった」など、あごの骨切り手術の後遺症に悩む人は少なくない。「おにぎりにかぶりつけなくなった」という人の場合、大きなものを食べる時は、リスのように少しずつ削りながら食べるという。

また、後遺症に苦しむだけではなく、術後にかえって見た目が悪くなってしまったケースもある。2年前にあごの骨を組み替える手術を受けたCさん(38歳/女性)は、今にも泣き出しそうな表情で「元の顔に戻りたい」と嘆く。

「顔が縮んだのはうれしいけど、あごの肉が癒着したため二重あごになってしまいました。特に太っているわけではないので、見た目はかなり不自然です。しかも、同じ理由であごに“梅干し”(梅干しのようなしわのこと)もできたため、もう自然な表情がつくれません。しびれが残って滑舌も悪くなったし、最悪です」(Cさん)

Cさんによると、「歯科医院で麻酔を打たれたようなしびれた感覚」が、術後2年たった今でもずっと続いているという。大金を投じたにもかかわらず、美しくなるどころか醜くなった上、一生消えない障害まで背負ってしまったわけだ。子供の頃から自分の容姿にコンプレックスを抱き続け、ようやく救いを求めた結果がこれでは、もはや「悲劇」という言葉すら生ぬるいだろう。

●鼻にヒアルロン酸注入で失明したケースも

目の下の涙袋をふっくらさせたり、しわを薄くしたりすることでおなじみのヒアルロン酸注入も、実はかなりリスクの高い施術だ。

分解されないシリコンなどと違い、ヒアルロン酸は数カ月から数年で体内に吸収されるため、お試し感覚で手術に踏み切る整形ビギナーも多い。しかし、そんな手軽なヒアルロン酸注入が、思いもよらない事故を招くケースがある。

14年には、台湾で鼻にヒアルロン酸を注入した38歳の女性が、手術直後に失明してしまったこともあった。もともと、鼻や目の近くには毛細血管が密集しているが、この毛細血管をヒアルロン酸が圧迫し、目につながる血流を止めてしまったことが原因だという。

また、前述したあごの輪郭整形の手術では、麻痺やしびれだけでなく自殺者や死亡例も出ている。12年、韓国で女子大生があごの骨を削る手術を行ったところ、涙腺が詰まって涙が止まらなくなった。その後、彼女は「つらい」というメモを書き残して、自ら命を絶ってしまったのである。

「整形大国」といわれる韓国だが、同様に輪郭整形の手術を受けた女性が手術から数時間で脳死状態になったり、1カ月の昏睡状態から死亡したりしたケースもある。いくら技術が年々進歩しているとはいえ、美容整形に「絶対安全」という言葉はないのだ。整形手術に詳しい美容ジャーナリストが語る。

「整形手術による死亡事故の大半は韓国で起きていますが、麻痺やしびれなど、生活に支障が出るほどの後遺症を抱えてしまったケースは、日本でも多く見られます。しかも、美容整形手術による後遺症は判断が難しく、医者と患者の間で手術の成否の判断が食い違うことも多いため、裁判を起こしても賠償請求を勝ち取るのは難しいという現実もあります」

カジュアル化が進む一方、依然としてリスクが大きい美容整形手術。オペの前に、後遺症を一生抱える覚悟はあるのか、そもそも手術は本当に必要なのか、もう一度、自分自身に問いただすべきではないだろうか。(文=西山大樹/清談社)

整形は医師の技術にもよるしリスクは大きい、別別に入れようがヒアルロン酸を入れる事には違いがない、やめた方が良いと思うけど。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる