ここから本文です

コンポで FM ラジオを聴く場合、電波を供給する必要が在りますよね。

非公開さん

2019/8/1904:54:31

コンポで FM ラジオを聴く場合、電波を供給する必要が在りますよね。

FM ラジオの電波を供給するためには、家の壁などに備え付けられているテレビ用のアンテナ差込口とコンポを75Ωのコードでつなぐのが一番早い方法だと思います。
その75Ωコードについてです。
以前は家電量販店に売っている物には大体 「 75Ω 」 という記載が在りましたが、最近では 「 75Ω 」 の記載が無い物が多いです。
そもそも、何Ωの規格なのかすら記載が無い物が殆どなんです。
売っているコードが何Ω規格の物なのかを素人でも調べる方法というのは無いですか?
それとも FM ラジオの電波受信に必要なコードの規格が75Ω規格で統一されていて、わざわざ記載する必要性が薄れたから記載されなくなったんですか?

閲覧数:
33
回答数:
6
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

chi********さん

2019/8/1918:22:55

75Ω以外のインピーダンスの同軸ケーブルは電子部品や無線機器の専門店などの限られた店舗でしか取り扱っていません

また、ケーブルの外皮にインピーダンス数値の印刷が無くとも、5C-FBやRG59などの製造規格は印字されている場合が多いので、そこからインピーダンスは判明します

仮に75Ωではない50Ωのケーブルを使ったとしても普通にFMラジオは聴けますし機器も故障しませんから細かく考えなくても大丈夫です

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nic********さん

2019/8/1916:35:45

電気屋です。
そのとおりです・・一般のテレビ用同軸は75Ωだけですから表示は無くても・・・
家のテレビアンテナは地デジ化に伴いFM放送受信は出来ません。
昔のVHFアンテナではなくUHFになりましたから・・・

2019/8/1911:35:41

テレビアンテナの差込口をFMアンテナとして代用することは、テレビの地デジ化で出来なくなりました。

※貴意に沿わぬ回答なら.......○| ̄|_です

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

y6u********さん

2019/8/1911:04:15

市販されているものは75 しかありません。

うちでは従来からあるフィーダ線のアンテナをプラグで変換してチューナーにセットしてます。

卓上のVHS アンテナで代用したこともありますが、方向性に問題かありやめました。

プロフィール画像

カテゴリマスター

ID非公開さん

2019/8/1907:57:21

一般の電器屋さんで売ってるのは全て75Ω。

他の種類が存在しないので、表記をやめたようてす。

昭和の時代はUHFは300Ω、VHFが75Ωだったので表記がありましたがケーブルの形状が全く違うのでインピーダンスを書かなくても判りました。

ハムショップ、アマチュア無線のお店に行かないと50Ωのケーブルは置いてないです。

悩まなくても今は全部75Ωです。

プロフィール画像

カテゴリマスター

fau********さん

2019/8/1907:27:37

>FM ラジオの電波を供給するためには、家の壁などに備え付けられているテレビ用のアンテナ差込口とコンポを75Ωのコードでつなぐのが一番早い方法だと思います。

FM放送用のアンテナが設置されていて、途中の経路に FM放送の周波数に対応して『いない』受信ブースターなどが『無い』ことが条件ですが。
「FM放送用のアンテナ」の代わりに「VHFテレビ用アンテナ」でも受信できる場合があります。
地デジ化後に設備されたテレビ用のアンテナシステムでは VHF用のアンテナは付いていないと思います。
元々テレビ放送を UHF電波で受信する地域でも VHF用のアンテナは付いていないと思います。

>売っているコードが何Ω規格の物なのかを素人でも調べる方法というのは無いですか?

品番を見れば分かります。
パッケージに表記されているか、ケーブルそのものに小さな文字で印刷されていると思います。

最初の数字が「太さ」を表しています。
その次のアルファベットが「C」なら 75Ωです。
3C-2V、4C-FSA、5C-2V、5C-FB・・・など全て 75Ωです。
後半の文字列は材質や構造を表します。
2V→FB→FSA・・の順に電波を通したときの損失が少ないです。(高価になっていきますけど)
もちろん、太い方が電波を通したときの損失が少ないです。(もちろん 高価になっていきますけど)
これらの文字列の前に「S」が付いているものも有ります。たとえば「S-5C-FB」のように。

3D-2V、5D-FB など、太さを示す数字の次のアルファベットが「D」なら 50Ωです。
これは業務無線、簡易無線、アマチュア無線など無線通信用です。
街の電気屋さんでは まず売られていないと思います。


>それとも FM ラジオの電波受信に必要なコードの規格が75Ω規格で統一されていて、わざわざ記載する必要性が薄れたから記載されなくなったんですか?

まあ、そうですね。
電気屋さんで売られている「同軸ケーブル」なら まず 75Ωで間違いないでしょう。
テレビや FM放送など「受信用」は 75Ωですから。
かつては
主にVHFテレビ受信用で「300Ω平衡フィーダ」が
主にUHFテレビ受信用で「200Ω平衡フィーダ」(通称「めがねフィーダ」)が売られていましたが、今はすっかり姿を消しました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる