ここから本文です

固定資産税の事ですが、家屋を撤去して更地にすると土地の固定資産税がすごく高く...

mar********さん

2019/8/2018:37:37

固定資産税の事ですが、家屋を撤去して更地にすると土地の固定資産税がすごく高くなると聞きますが本当でしょうか、税率はどの位変わるか教えてください。

閲覧数:
164
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2019/8/2106:00:26

確かに家屋を撤去すると住宅用地の特例が外れて最大で土地の固定資産税が6倍になりますが、それは土地や家屋の大きさによっても変わってきます。
また、土地の評価額自体が安い場合には6倍になっても、家屋の固定資産税の方が高い場合にはトータルで安くなることもあります。

https://think-prosupport.com/tochi-koteishisanzei-keisan/

このサイトで家屋を撤去した場合に、土地の固定資産税が何円になるのか計算できますよ。
「住宅用地・非住宅用地の別」の項目で「住宅用地」から「非住宅用地」を選択すると固定資産税相当額が何円から何円になるか分かりますから、試してみてください。

なお、詳しい金額などは不動産所在地市区町村の固定資産税担当に問い合わせてみてください。

質問した人からのコメント

2019/8/21 13:57:38

回答有り難うございます。実は古屋を持って居ますのでそろそろ解体しようと
思っいます。噂では聞いて居ましたがやはりその様ですね、参考になりました。
有り難うございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

yur********さん

2019/8/2020:09:05

一般的な住宅が立っている場合、土地の固定資産税を求める課税標準額が200㎡まで評価額の1/6になる住宅用地特例が設けられています。
住宅を取り壊すとその特例がなくなるため、単純計算で6倍になります。
但し、非住宅用地について負担調整の制度で評価額の最大70%、多くは60%まで課税標準額が引き下げられますので、実際は3.6倍から4.2倍程度になります。

建物の税金と比較して取り壊した方がトータル的に安くなる場合もあります。
役所に出向いて問い合わせれば簡単にシミュレーションもして貰えますので、資産所在地の役所へ問い合わせてみてはいかがでしょうか。

jim********さん

2019/8/2020:04:44

厳密に言うと「土地の固定資産税がすごく高くなる」のではなく、「本来の固定資産税額に戻る」のです。

土地の固定資産税は、そこに家を建てると200㎡までの土地の税金は1/6に軽減され、それより広い土地の場合でも、残りの部分は1/3に軽減されます。ただし建物の床面積の10倍の広さが上限で、それ以上の広さの土地は軽減対象になりません。
また一筆の土地ではない場合、建物が建っていない側の土地は軽減されない場合があります。店舗併用住宅の場合でも変化する場合があります。

現在の家はそれだけの軽減が元々されているので、更地にした場合、翌年の固定資産税はそのぶん跳ね上がることになります。(すぐに新築する場合は据え置かれる場合があります。)

ですから、その土地の広さによってどのくらい増えるのかが変わりますので、一律に6倍になるわけではありません。

同時に都市計画税がかかっている土地の場合は都市計画税も元の税額に戻ります。都市計画税はそのものがたいした額ではないし軽減割合も低いので、驚くような額にはならないでしょうけれど。

son********さん

2019/8/2018:46:23

最高で6倍になります、だから壊さない古家が多いのです、

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる