ここから本文です

ライカはなぜ落ちぶれてしまったのでしょう

アバター

ID非公開さん

2019/8/2104:57:30

ライカはなぜ落ちぶれてしまったのでしょう

M3の頃は比類なき技術力を持っていただろうに今やアナクロ趣味のご老人くらいしか持っていない気がします
ブランド志向がなくモノの価値の本質を見据えることのできる若者ばかりになった昨今、ライカに未来はあるのでしょうか?

閲覧数:
84
回答数:
9

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

かめださん

2019/8/2113:37:22

うーん、M3は1954年発表なので、第二次世界大戦後なので、下の長文は大いなる誤解。

ライカに洋々とした未来はありません。過去に築いたブランド価値でどうにか食っているだけです。M3が偉大過ぎだのでしょう。あの時代の、その後のレンジファインダーカメラと比べても別格です。

レンズは白黒には良いけど、カラー向きじゃないよねと思います。

そして、勝てないと悟った日本のカメラメーカーは力いっぱい一眼レフに走り、ライカは、それに勝てなかっただけです。一眼レフはミノルタに頼って作ったけど、レンズが1本50万円からなんて商売で下々に売れるわけありません。

日本のカメラは最初は安さが魅力、そして、徐々に品質も上がって、35mmフィルムで、キャビネ位のプリントを得るには足りるようになって、ギリギリサービスサイズ品質の廉価機なんてのも上手に作れるようになってしまっては、大方のサービスサイズカメラマン達にライカが売れるわけもなく、下々に広がったカメラ需要の時代はライカは唯一の高級ブランドとして生き残っています。

私は、M6TTLHMを持っていますが、ライツのレンズはそれほど揃えていません。

まぁ、高級ブランドの価値は今時の若者には判らないだろうなぁと思います。

  • かめださん

    2019/8/2113:51:55

    そういえば、M4はアメリカのバッファロー(ナイアガラの滝の近くです。)で作っていました。M3に比べてM4のファインダーは簡単で、調整もずれにくく、現在も同じファインダーが使われています。

    ライカは今でも測量機、顕微鏡では一流企業で、顕微鏡は世界市場を4分割する4社の中の1社です。カメラとは比較にならない進化をしています。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/8件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

gum********さん

2019/8/2120:43:59

落ちぶれたと言うよりか、はじめからスペックオタクや商業カメラマンや貧乏人を相手にしていないと思います。
だから自分には無縁なカメラ。
スマホのレンズとか、カメラに興味ない若者向けにも手広くやってる印象です。

pho********さん

2019/8/2119:52:46

まあ、ライカはデジタルでも細々と高額な手作り品(に近いようなもの)を作っているのでしょう。ライカのミラーレスに パナとシグマが乗ったのが可笑しいですが。
使った限りは今のライカも十分に良いカメラだと思いました。

逆に性能進化が伸び悩みになり、販売台数が減少してきた今からが嗜好性の高いライカの出番かと考える事も出来そうです。
フィルム時代になかったライカショップも国内に沢山作られて、営業所閉鎖の日本のカメラメーカーと対照的です。まして、金額的差が小さくなっている状況で価値の本質を見抜く若者がライカを購入することになるかもしれませんね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ans********さん

2019/8/2110:39:23

戦争のせいですよ

ドイツは敗北し労働人口の8割を失い
東西に分裂しました
西ドイツは労働人口が戦前の1/10以下になり
工業地帯も爆撃でほぼ全滅
工業機械もほぼ失いました

戦争が終わった時西ドイツの状況は
日本とは比較にもならないほど絶望的だったのです
ドイツ政府は戦前の復興は不可能と判断し
フォルクスワーゲンビートルの製造1本に
国家を上げて取り組んだのです

労働人口のほぼ全部を自動車製造に投入し
税金や残った資材も
ここに使ったのです
これが成功してビートルは世界一売れた車となり
ドイツ経済は復興しましたが
カメラ業界は悲惨でした
製造工場のほとんどが東ドイツ側
会社も多くが分裂します

有名レンズメーカーのカールツァイスがいい例です
西のカールツァイスと東のカールツァイスイコンに分裂しました

ライカも技術者の多くが戦争で死亡
会社は瓦礫となりました

しかし残った人たちで会社を復興
カメラ製造を開始しましたが
超人手不足
アメリカからの注文をこなすこともできず
新人獲得も上記のように
自動車業界に取られ
人も増えません

カメラの製造は熟練が必要で1人前になるのに
最低10年はかかるため
ドイツ政府としてもそんな職人を育てている余裕がなかったのです

ライカM3のころまでは
戦前の職人が作っていたのですが
そういうベテラン職人が高齢で引退すると
高度な技術を必要とする物を作るのが困難になったのです

lis********さん

2019/8/2110:22:18

落ちぶれたか知らんが金の無い若者が増えただけでもある。
実際Leicaの新機種は大体予約してても半年待ちは当たり前程度には購入層がいる。
限定品のシリアルを指定したり、優先的に購入できるルートはもちろんあるが。

sya********さん

2019/8/2109:33:38

ライカは実際に撮影に使用されるよりも何か皮肉ですがコレクターが世界中にいますから、それだけでも生計は成り立っているという事です。
高級ブランドという事で良いと思いますよ。
ライカは全てにおいて特別なのですから。
今は結構ライカもデジタル化した製品を次々に発売していますが、これも遊びとしては良いと思いますよ。
ライカの遊びです。
そんなライカですがバネナック型ライカの修理部品は、まだ生産され続けているのもライカなのですよ。
日本だとニコンFの部品が今でも一部の修理メイカーが生産して補給されているという事とも似ていますよね。
ここので使用されていると採算があうという事でしゅうね。
それにライカは合致しているという事ですよ。
ライカは特別なのですよ。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる