ここから本文です

原子力や火力発電を廃止し、代わりに生ゴミを利用したメタンガスを代替エネルギー...

cle********さん

2019/8/2120:54:45

原子力や火力発電を廃止し、代わりに生ゴミを利用したメタンガスを代替エネルギーにする事は可能ですか?

閲覧数:
67
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2019/8/2209:59:52

生ごみや堆肥、水中に沈んだ有機物などからメタンガスが出ることは知られています。今から60年近く前になりますが、私自身、小学校の自由研究で試したことがあります。ガスを得るには、水中でメタンガスを発生させ、泡になって出てくるものを漏斗状の構造物で集めます。ところが、水中生物が発生させる気体はメタンガスだけではなく、温度変化で水中に溶けていた空気も泡として回収されてしまいます。そんな次第で、大きなタライでかろうじて燃えることが確認できる気体がほんの少し得られたにすぎません。エネルギーとして再利用するほどの分量を確保するのは現実的ではなく、メタンガスのまま空気中に放出されてしまうことで温室効果ガスになることを防ぐのが重要で、炎を維持できるほどのガス量にならなければ、触媒やメタン菌のメタン生成プロセスの逆反応を利用して無駄な放出を押さえることがよさそうです。
生ごみは、可燃性を利用して温水を作ったりするのには良い資材です。効率の悪いメタン発生プロセスより、焼却設備の排熱で発電したり、融雪温水にしたり、そういう使い方の方が良さそうです。

温室内で堆肥を作るという処理をすると、温室内には、二酸化炭素、水蒸気、メタンガスが出てきます。前2者は、光合成に必要なものであり、濃度の上昇で作物の収量に好結果を及ぼす可能性があり、高緯度で雨量が少ない地域の農業として有効です。この音質の最上部でもメタンは「やや濃度が高い」という状態です。このメタンをきちんと酸化させてしまい、地球環境に無害となるように研究を進めたいところですね。

オマケ
汽水域や浅瀬の植物が二酸化炭素を吸収することで脚光を浴びて久しいのですが、この場所では、吸収された二酸化炭素が有機物となり、水中でメタンを発生してしまい、実は地球温暖化を促進しているのではないかと思われるケースもあります。マングローブなど、ある程度伐採して木材や燃料として再利用するようにしなければ、二酸化炭素より遥かに炭素原子の個数あたりの温室効果の強いメタンを排出してしまいます。広すぎて回収してメタンガスエネルギーとして使うことは不可能ですが、水中の倒木の回収(これもコストがかかります)は、地球温暖化を防ぐために必要なのではないかと思われます。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

2019/8/2318:28:54

折角の自然エネルギーカテゴリーでの御質問なので、原子力は可及的速やかに廃止し、火力発電も石油火力と石炭火力を廃止しながら、GTCC(ガスタービン・コンバインド・サイクル)等の最先端ガス火力発電は温存すると共に、自然エネルギーを画期的に普及・拡大していく事の方が賢明では無いかと思うのであります。

確かに、生ゴミを利用したメタンガスを代替エネルギーの一部に利用する事は有益な事でありますが、廃止する原発や火力の全部を代替する事は困難であり、GTCCを温存させて、自然エネルギー比率を2030年までには40〜50%に、2050年までには80〜100%にすると言う世界の潮流に乗り遅れない様にする事が肝要かと思うのであります。

何れに致しましても、生ゴミを利用したメタンガスだけでは、原発はそもそも必要の無い電源でありますが、残りの火力の全てを賄う事は出来ず、当面はある程度の先端ガス火力発電は必要と考えております。

そのためには、繰り返しには成りますが、太陽光発電、風力発電、水力発電、地熱発電、バイオマス発電等々の自然エネルギーを画期的に普及・拡大していく事が肝要かと考える次第であります。

n37********さん

2019/8/2311:29:19

生ゴミを・・・原発∔火力と同等と
考えることができる能力がスゴイ!
地球人とは思えない。

K.tobishimaさん

2019/8/2306:51:24

不可能ではないと思いますが
実用化は、難しいと感じます。

需要を賄えるか・・・

プロフィール画像

カテゴリマスター

2019/8/2121:07:48

生ごみを利用した『メタンガス』による発電は実際に行われていますが、まだまだ小規模です。
生ごみからできるメタンガスはまだまだ『少量』です。今後もそれほど多くは期待できません。
現在、バイオマスによる発電は、全発電量の2%ほどです。将来は4%ほどにはなると思います。まだ、原発、火力の代替には無理です。
原発は僅か4.7%です。現在の原発の代替は可能ですが、火力は80%です。その代替は、自然エネルギー全体を利用する必要があります。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる