ここから本文です

生命保険について質問です。 知り合いに生命保険やがん保険に入るのはバカのやる...

アバター

ID非公開さん

2019/8/2209:40:04

生命保険について質問です。
知り合いに生命保険やがん保険に入るのはバカのやることと言われたのですが、実際どうなのか知りたいです。
国から補助が出るのに、保険に入る必要が無いと言われ

ました。
ただ、自分の認識では国から貰えるプラス生命保険からも貰えるのではないかと思っています。
国から補助がでない部分に関しては相手もそれはわかるとのことでした。
保険料を払うくらいならその保険料を貯金した方がいいと言ってました。
その保険料がちゃんと貯金できるかどうかは別問題としてです。
自身は生命保険に入っています。
メリット、デメリットなど知りたいです。

閲覧数:
102
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cal********さん

編集あり2019/8/2217:06:11

>国から補助が出るのに、保険に入る必要が無いと言われ
ました。

よくある誤解です。
治療費や支出は関係ないです

保険が要るかどうかは、
「払った保険料以上のリターンが、大病になったときにあるか」
で考えましょう

たとえば「年会費5万円。会員になってコーヒー1杯飲むと100円キャッシュバック。来店毎に1回利用可能」なサービスがあったとします。

この有料会員になるかを、

「コーヒーは元々50円しかしない。安いから不要」
「いやいや喫茶店に行ったことないんですか?菓子を頼んだりとか、コーヒー以外にも金がかかる」

なんて基準で考えますか?

年会費5万円÷メリット100円=500回

「1年で500回以上も来店するか?」
「ヘビーに利用しても精々300回だろうか、入る意味ない」

と考えるはずです。

保険も同じです。
無意識に「大病になったときに助けて貰える」と思い込んでいませんか?

治療費だのその他費用だの、「病気になったら大変ですよ」だのに誤魔化されず、「大病になったときに、払った保険料以上のリターンがあるか」を見ましょう

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

hih********さん

2019/8/2211:27:57

入る人の職業、収入などにより考え方はまちまちです。

大前提として、損か得かの話でいけば大多数の人が損です。そうでなければなりたちません。

がんでも、保険適用の治療が第一選択だからたしかに病院に払うのは高額療養費の範囲に収まると思います。
ただ、それだけですむかといえば家族の人への負担や仕事によれば収入が途絶えることもあります。
また、その病気がいつなるかわからないので早く起これば加入しててよかった、ならなければ無駄だったとなるのは仕方ありません。

医療保険、がん保険が必要かどうかはその人ごとで違うのでお金かかるから絶対に必要、無駄だから不要との極端な意見ではなく、自身のおかれた環境で考えるのがいいのかなと思います。

自営業のような仕事なら先の収入への影響を考えたら一時金はあったほうがよいかもしれませんし、不動産収入とかならそれこそなくても全然問題ないかもしれません。

nag********さん

編集あり2019/8/2211:00:20

医療リスクは、保険と貯蓄で備える事を推奨しています。

『バカのやること』と言った方は…、入院して手術したことありますか?
または、身内にガンなどで闘病した方はいますか?

もし、無くて言ってるなら?
どうでしょうね。

国から補助?
補助はないですが、医療費については公的健康保険があり、また高額療養費制度もあります。

たぶんこの知識でそう言っているのでしょう。

しかし、現実は違います。
病院には医療費以外にも支払はあるんです。

それは、自費です。

例えば、
差額ベッド代平均1日6000円
一人部屋なら1万円/1日
2〜3人部屋なら3千円程度毎日かかります。

これとは別に…
食事代やTV代、冷蔵庫、寝具、紙オムツ等は必要になります。

雑費で1日2500〜3000円は必要になります。
自費だけで1日1万円くらいになるでしょう。

また、公的健康保険の使えない先進医療もあります。

ガンの治療では、300万円ほど必要となります。
生命保険に加入していたら、先進医療の技術料の全てが保障されます。

一泊入院などですぐに良くなる!とは言えません。

ガンなどは、入院して切除して、通院で抗がん剤など1年以上続くケースもあります。

この治療は髪の毛が抜けますが、ウイッグなど2つ以上買う方が多いのですが、いりませんか?

仕事もどうでしょうか?
今と同じ仕事ができるでしょうか?

転職や配置換えされる方も多く、所得は減ります。

さらに、
長期の入院になると…
サラリーマンの方は傷病手当といって、2/3は給与保障されますが、1/3は減ります。

もっと言うと…
家の近くに名医がいるとは言えません。

医療格差や地域格差があるんです。
遠くの名医にお願いするか?
近くのヤブ医者にお願いするか?

あなたはどちらを選びますか?

ここまで考えても保険は要らない!なら、要らないで良いでしょう。

もちろん貯蓄も必要です!
数ヶ月過ごせる緊急予備資金はマストです。

ただ時代的に…
マイナス金利のため円で貯蓄しても増税や物価上昇で目減りする時代です。

40〜50年前なら貯蓄優先でも良かった時代もあります。

ガンは不治の病で、亡くなってしまいましたし。

でも、今は違います!
時代にあった備え方をすべきだと思いますよ。

保険ですべて!とは、言いません。
不足する分を保険でカバーすれば良いのです。

死亡保障などは、ライフプランを立てて、必要保障額を出して、いつ?いくら?必要か?と言った見える化して不足分を保険なりで備える事を推奨してます。

目的、根拠を明確にして、無駄なく保険に加入する事が大事です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる