ここから本文です

最近のエアコンはよく壊れると思います、特にジャパネット製品はメーカー規格外で...

アバター

ID非公開さん

2019/8/2320:33:49

最近のエアコンはよく壊れると思います、特にジャパネット製品はメーカー規格外で壊れます

会社でジャパネットエアコン三年前に安いからと十台買いました
ですが五台が故障、近くの電気屋に修理依頼
ジャパネットはメーカーに大量に買うからと部品などがメーカー純正じゃなく修理したくても部品がメーカーから出ないと

この電気屋エアコン売りたいんだなと思って他の電気屋に聞いてもジャパネット製品は難しいと
もちろんヤマダやノジマとかも同じ対応
ジャパネット電話したら時間かかるお金かかる買い換えた方が良いでしょうと

ネット見てもジャパネット製品は買うなよと多いがよくわかりました

普通に店で買えば良かったです

ジャパネットではめられた人いますか?

閲覧数:
132
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

rat********さん

2019/8/3016:08:20

大きな勘違いがあるようにも思われます。

家庭用の壁掛けエアコンを事業所に設置して利用される場合には一般家庭での使用状況とは異なることになっていませんか?

通常、一般家庭用のエアコンについては1日8時間の運転時間で年間10ヶ月程度の利用を想定しており、耐用寿命として10年を目標に設定しています。

この運転時間を上回る使い方になると耐用寿命の10年が前倒しになっても仕方ありません。


業務用と称する製品では24時間連続運転で365日稼働であってもそれなりに稼働率高くという設計寿命そのものが異なっていると考えられます。


見た目には業務用の製品も一般家庭用の製品も外観からだけではわからない違いですが販売価格が異なりそれなりに信頼性に対する考え方が異なります。


また、規格外とかわけのわからない質問内容になっているようにお見受けしますが、
販売元に修理の依頼を行うのではなく製造元のメーカーのサービスに依頼すれば部品が入手できないなどあり得ません。
一般的なサービス提供期間としては9年~10年となっています。

街の電気屋さんなどでは修理の受付が出来なかったということのようですが、どのような症状でどのような部品の入手が出来なかったのかなどの詳細がわかりませんのでアドバイスは難しいですが、メーカーのサービスであれば基本的な性能維持に必要な部品は製造終了後も9年以上提供することになっています。

ジャパネットオリジナルモデルとしての型式を取得しているモデルであったかも知れませんが、メーカーの保守対応は9年以上提供されているはずです。


感情的にならずに冷静に判断して製造メーカーに対して今一度保守の依頼をしてみると良いかと思います。


> メーカーに大量に買うからと部品などがメーカー純正じゃなく修理したくても部品がメーカーから出ないと・・・

このようなことはありません。
逆にジャパネットモデルだけを異なる部品で製造するためには部品の管理コストが上昇してしまうと考えられます。

OEMモデルでは一般の家電量販店モデルと少しだけ機能を変更したりして同一機種であるという判断ができないようにして価格を安く販売しても家電量販店のこの機種と単純な比較ができないようにしている側面などもあります。

基本的な構成部品などは同一であるといえます。


どこからどのようにそんなでたらめな説明をされているのか分かりませんが、製造業の内部事情も分からない方の勝手な思い込みのようです。


※ 基本的な使用部品を変更する場合には、信頼性試験や型式認定の試験などで莫大な費用が発生してしまうためにわざわざOEMモデルを依頼する際にそのようなあほな開発費用を計上することなど到底考えられないといえます。



> ジャパネットではめられた人いますか?

たくさんいると思います。

目先の価格だけにつられて設置や取付工事などが伴う機器を購入するのはやめておいた方が賢明です。


テレビや洗濯機程度のつなぐだけで誰でもすぐに利用可能な製品であれば価格の安い販売店から通信販売を利用しても良いでしょう。

しかし設置工事などの必要な機器に限っては地元の電気店や電気工事業者などを含めて複数社への見積もり依頼を行いその結果をもって判断することも重要であると思います。

※ 家電量販店で設置取付工事などの必要な機器を購入するのは委託先の工事業者への丸投げであったりする場合などがあるためにあまりお勧めできない場合があります。

店頭での契約内容に加えて実際の工事日に店頭販売契約内容だけでは工事ができないなどの理由で追加工事費用が請求されることがあります。


これらの工事費用の相場観があれば通信販売を利用しても大丈夫かもしれませんが、
特にジャパネットでエアコンを購入した場合には施主の判断能力を見ながら(足元を見て)追加工事費用を高く請求する事例が多いようです。

標準工事費込みで購入したのに実際の取り付け工事の際に5万円追加請求されたなどの事例がたくさんあります。

※ 委託先の工事業者はジャパネットからたくさん仕事を回してもらう代わりに1件当たりの工事費用がとんでもなく安く設定されているようですから、追加工事費と称して何とか1件でも多く儲けを増やそうとしているのだと思われます。

  • rat********さん

    2019/8/3016:13:57

    メーカーのサービスに依頼する前に交換を決定されてしまったようですね。


    それもヤマダ電機で購入とか考えられません。

    ジャパネットで嫌な思いをしたのならば、なぜわざわざブラックとわかっているヤマダで購入するのかその神経がわかりません。

    結局、目先の導入コストばかりに目が向いているようなのでこれ以上アドバイスしても無駄かなと思います。


    ●ヤマダ電機の長期保証は経過年数ごとに減価されるのであまりメリットはありません。


  • その他の返信(2件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

mth********さん

2019/8/2611:00:17

今年の夏暑くて今のでは耐えれなく、買い替えを考えてました大変参考になりました。
他の家電はヤマダやノジマ買ってますが、メーカーから修理に来てくれます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる