ここから本文です

近畿貸農園で玉葱栽培始めて10年超えています。 始めの7,8年は施薬なしで...

大和光至さん

2019/8/2517:34:10

近畿貸農園で玉葱栽培始めて10年超えています。

始めの7,8年は施薬なしで、普通に収穫出来ていました。

その後次第にべと病に苦しめられ、施薬しても昨年では三分の一から二分の一位は廃棄したのが実情です。

回答者の方や経験則で答えられる方には、訳知り顔で、持論を展開され、それが最上のように言われますが、やっと気がついたことがあります。人によっては、うちは菌などいないから、ベト病なんてしらないように答える方には唖然とします。

○あらゆる土地の状況に通暁した人はいないから、持論の展開で主張されるのは間違いです。畝にいるベト病菌の状況に応じた対策を立てることがベストであると気がついたのです。

この辺りのことについて、識者の方、よろしかったらご見解をくださいませ。

補足ora…さん、 fys…さんは先に真に胸に落ちるご回答をいただきありがたく思っています。
ですから、この質問は蛇足な感じもして申し訳ありませんが…。

閲覧数:
41
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

qqq********さん

2019/8/2621:30:55

昨年から小規模ですが野菜作りをしております。

ネットなどを見て手探りでいろいろ挑戦している状態です。
こちらでも質問をさせていただいた事も有り。(別名で)

農協の組合員になっており、大規模農家の親戚もいますが!共に基本的に基本以外は教えてくれません。

農薬に関しては病気に対しての農薬を農協に聞けばそれに合う農薬を探してくれますが、それをどの様に使用するかは経験で培われるもので農協の人も教えてくれません、と言うか日々状態が変わるので答えられないでしょう。

大農家の親戚に農薬の事を聞いても「薬害もあるし・・・」と言葉を濁し教えてくれませんでした、経験で判断するしかないからだと思います。(私が初心者なので)

>あらゆる土地の状況に通暁した人はいないから、持論の展開で主張されるのは間違いです。

とおっしゃっていますが、逆に言うと、あらゆる土地の状況に精通した人はいないから経験&持論しかないと思います。

作る野菜・地域・土壌・使い方によっては農薬は野菜に害になる可能性も有るので、色々な回答の中で自分の土地に合った方法を試し自分で探すしかないのかと思います。

知恵袋のは経験・自論・の中での回答なので、カチンと思う回答も有ると思いますが、その中から自分に合う物のヒントを使い自分に取り入れていくものだと思います。

回答してくださる人の多くは経験談を話してくれているので、おっ?と思う情報もあります。

知恵袋だから回答してくださる人居ますが農業を生業にしている人は、仲良くならないとほぼ企業秘密みたいな感じで教えてくれませんよ!

まして土壌・環境が違うのにこの農薬の使い方がベストなんて口が裂けても言いません。

それで不作になったら人間関係悪くなるから!

土壌改善の回答にマッチした人が居たら、その人に返信で聞いてみてはどうでしょう。

ただ情報の一部であり責任を持てないのでそれを承知で!すべての土壌に精通している人は居ないから・・・

質問した人からのコメント

2019/8/26 23:45:37

ご見解のご開陳は有益で、学ぶべきことが多くあります。

貴殿ではありませんが、《>あらゆる土地の状況に通暁した人はいないから、持論の展開で主張されるのは間違いです。》と言ったことが
少し誤解されているようです。

人の質問に、持論でもって完璧なような返答をする人が結構おられますので、そう申し上げたに過ぎません。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

レニーさん

2019/8/2614:57:23

持論もひとつの対策です。
自分がやって上手くいかなかったとしても批難するのはおかしいです。
あくまで参考。どうするかは、自分で考えるしかありません。

指導書に書いてある通り育てば誰も苦労しません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

end********さん

2019/8/2610:35:49

言っている、意味が分かりません。

カビ菌が無い家ってあるんですか?
ありえないでしょう?繁殖するなら、家で繁殖できる環境が違うだけ。

【環境が違うだけ】です。大事な事なので二回言いました。

ただただ風も鳥も野生の昆虫とて行き来し放題の畑で、
カビがいない状況が有り得ると思っていますか?
ぼろ家のカビと高級住宅街で発生するカビ量の差がどうして違うのかって
そりゃ、綺麗にしているのと、ボロじゃないから。ぐらいの差ぐらいありますよね。

>あらゆる土地の状況に通暁した人はいないから、持論の展開で主張されるのは間違いです。

当たり前です。

畝にいるベト病菌の状況に応じた対策を立てることがベストであると気がついたのです。

当たり前です。みんなしています。

それが出来たので、お答えして下さっている方もいらっしゃるでしょうし、
少しでも、多少の知識になればと思って答えて下さった人に、何を仰っているのですか?
本の知識だけの方や、菌関係のお仕事の方もいらっしゃるでしょう。
どうして、あなたが身知らぬ人の職業まで見抜けますか?
どうして、あなたが身知らぬ答えて下さる人を否定できる根拠があるのですか?

理解が及びません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる