ここから本文です

高校化学、ヨウ素滴定において、まずヨウ化カリウム溶液と定量したいものを反応さ...

アバター

ID非公開さん

2019/8/2609:15:09

高校化学、ヨウ素滴定において、まずヨウ化カリウム溶液と定量したいものを反応させるのは、定量したいものと同じmolのI2を生成するためであってますか?

数値として重要なのはチオ硫酸ナトリウムのモル濃度と量だけで、十分量のヨウ化カリウムさえあればヨウ化カリウムや定量したいものの量や濃度はどうでもいいんでしょうか。

閲覧数:
18
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mar********さん

2019/8/2609:53:31

定量したいものの物質量とヨウ素の物質量の関係はその反応によるので、物質量自体が同じになる保証はありません。当量なら同じになりますけど。

>どうでもいいんでしょうか

当然ながら、最終的な滴定に適した濃度範囲に収まる必要がありますので、どうでもいいわけじゃありません。正確に分かっている必要がないだけです。ただし、定量したいものの体積はわかってないと話になりません。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる