ここから本文です

京都アニメーションは「Kanon」「AIR」「CLANNAD」とKey作品を立て続けにアニメ化...

ネギガナイトさん

2019/9/216:40:19

京都アニメーションは「Kanon」「AIR」「CLANNAD」とKey作品を立て続けにアニメ化してきたのに、リトバス以降やらなくなったんですか?

.
結局リトバスはJ.C.STAFFがアニメ化しました。
Keyは京アニにリトバスのアニメ化を打診していたようですが、京アニがスケジュール合わないからと断ったようです。
けいおんを作っていたんでしょうか?

けいおん以前とけいおん以降では京アニ作品は毛色が違う気がするんですが、どうでしょう?
けいおん以前は原作に超忠実でしたが、けいおんいはオリジナル要素が増えた気がします。

丁寧に作画をするという点は全く変わっていないですが。

閲覧数:
50
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kos********さん

2019/9/216:48:54

あの頃から京アニも方針が変わったと思います。
それまでは、角川、Keyのブランド力に頼っていた部分がありましたが、それ以降は京アニ自体をブランドにして成功したと思います。
また、言い方は悪いかもしれませんが、リトバスが過去作品ほど人気もなく、それほどの感動作ではないので、京アニも他のスケジュールを押してでも。とは、ならなかったのではないでしょうか。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

lun********さん

2019/9/217:56:46

「けいおん」の大ヒットが京アニを変えたと思っています。

「けいおん」が大ヒットしても売り上げのほとんどは
ポニーキャニオン、TBS、原作者、芳文社に持って行かれたのです。

これ以降の京アニは自社版権作品のアニメ化に
方針転換したのでKey作品のアニメ化も断ったのでしょう。

KAエスマ文庫のアニメ化作品は「けいおん」ほどのヒットは
しませんでしたが、京アニの利益は「けいおん」よりも
得られたのでしょう。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる