ここから本文です

ファンタスティックビーストと黒い魔法使いの誕生についての質問です。

アバター

ID非公開さん

2019/9/1302:00:04

ファンタスティックビーストと黒い魔法使いの誕生についての質問です。

ナギニはサーカスで大蛇に姿を変えた後、スケンダーに牙をむいていますよね
確かナギニには強い毒があったはずでは
それなのになぜスケンダーは少し痛めるくらいの傷だったのでしょうか
まだ完全な蛇ではないから毒も完全ではないのでしょうか
わかる方いたらお願いします。

閲覧数:
187
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kam********さん

2019/9/1623:02:14

作品中で説明されていませんので、映画を見た人がそれぞれ想像するしかありません。

「ハリー・ポッターシリーズ」でナギニの毒について触れているのは「不死鳥の騎士団」22章です。
アーサー・ウィーズリーが21章でナギニに襲われますが、ナギニの牙はアーサーの肋骨を砕くほど胸に深く打ち込まれます。アーサーは病院に運ばれて治療を受けますが、その時「あの蛇の牙には、どうやら傷口がふさがらないようにする、かなり特殊な毒があったらしい」と言っています。
つまり、ナギニの毒はマムシやハブのような致死性の毒じゃないんですね。包帯をしていれば出血は止まるとアーサーも言っていました。肋骨が砕けるほど深く噛みつかれても、適切な治療で助かる程度の毒でした。
スネイプの場合も、ナギニの毒で死んだというより失血死でしょう。彼の場合は頚動脈をやられています。

で、「ファンタスティック・ビースト」ですが、この先はともかく、2作目時点のナギニはとても心の優しい女性です。クリーデンスの身元調べを手伝うため二人でサーカスを逃げ出しますが、団長に重傷を負わせることはもともと考えていないはずです。
自分たち二人がうまく逃げ出せればそれで良い。ですから団長には少しの傷をつけただけで、毒液を注入することもなかったのでしょう。

「ファンタスティックビースト」の検索結果

検索結果をもっと見る

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる