ここから本文です

私はピアノとか音楽については無縁なのですが、たまにクラシックを聴くときがあり...

アバター

ID非公開さん

2019/9/903:34:36

私はピアノとか音楽については無縁なのですが、たまにクラシックを聴くときがあります。

それは曲が素敵だからで、演奏者は誰でもかまいません。

何故なら、誰が弾いても、ある程度以上の実力ある方の演奏なら上手だと思っているからです。

だから、ピアニストやピアノの教室の先生や学校の音楽の先生の実力の差が全くわかりません。

でもやっぱり、ピアニスト等のプロは大きいコンクールとかで賞をとったりしていますよね?ということはやっぱりピアニストはピアノ教室や学校の先生より実力が歴然とハッキリしてるってことですか?

私にとって、そういった演奏は審査員の好みなんじゃないの?って思うのですが。

更に、大きいコンクールになると、外国にプロが集まり最初は300人、二次通過で80人、次が10人と絞られるそうですが、皆さん、このプロ達の実力の差の違いが理解できますか?

わかる方に聞きたいのですが、コンクールの最後まで残るプロと、最初の通過で落とされたプロと違いは何なのかを教えてください。

落とされたプロもミス無く弾けてるのに何が駄目で通過できなかったんですか?

閲覧数:
70
回答数:
8

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

アバター

ID非公開さん

2019/9/923:15:04

好みかと 思います。

芸術系のものは その路線の専門家さんにしかわからない事が多いと
思うので 質問者様の疑問は もっともかと思います。

クラシックのコンクールの場合は クラシックって真面目だから
きっと コンクール優勝者のものは優れているのだろうと
思います。

しかし、
もっと違うジャンルのものは 世の中に溢れていて
その コンクール的な1位 は どうしてそれって思ったり、
好みかなって思ったり、しますね。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

psg********さん

2019/9/913:33:58

まあ、ぶっちゃけて言えば、審査員の好みもあるし、価値観の違いでもある。

ミスらなきゃ良いってもんでもないんですよ。

たとえば、見た目はスッゴい綺麗なんだけど、食べたら「うん、不味くはないんだけど・・・」程度のお料理と、ちょっと崩れちゃってるけど、食べたら「うっわ何これ超うめー!」となるお料理・・・どっちが「また食べたい」と思えますか?
味に関しては好みです。だから、前者のほうが好き!っていう人もいるだろうし、「見た目が大事だろう!」という考え方で前者を選ぶ人もいるでしょう。

ピアノに関しても同じで、ちょっとミスしていても、解釈がよく出来ていて、聴衆にも伝わるようなしっかりした表現が出来ている人が評価されることもあるし、ミスしていなくても、ロボットみたいな無機質な演奏をしていたら、高い評価を得られないでしょうし。
これは審査員の考え方に基づいて評価が決まるものであり、コンクールが違えば全く違う人が賞をとったりするもんです。そんな曖昧な、答えがない世界なんですよ

プロフィール画像

カテゴリマスター

shousugiuraさん

2019/9/910:47:27

このレベルのコンクールに出場する人達に技術的な不安はナイと思う。
ミスはあまり関係ないだろう。ミスにこだわる人が多いけど、演奏の内容に影響なれれば多少のミスは問題ないと思われる。
ナニが違うか・・・。
ピアノ教室の先生とか学校の音楽の先生は「教えること」が仕事だから、演奏家(芸術家)と比べちゃぁダメだろう。仕事の内容が違うから。

答え
芸術家のレベルは、芸術家にしか分からない。

The theoryさん

2019/9/910:27:43

例えばラフマニノフの前奏曲Rachmaninov Prelude Op.23 No.4 in D majorは自分がピアノを習って最後に弾いた曲ですが、弾く人で雰囲気が全然違います

https://www.youtube.com/watch?v=1qoPDQzXVmk&list=PLEE72C955DB59C32C...
こちらは僕が初めて聴いて、弾くことを決めたVladimir Ashkenazyという方が弾いたもの

https://www.youtube.com/watch?v=mABQV6CebNg
こちらは同じ曲でもBoris Vadimovich Berezovskyという別のピアニストが弾いたものです

ここまで違ってくると評価も分かれることでしょう、弾き手が同じ曲でも感じ入るものが違うんですから採点者も同様に千差万別なのは自然なことでしょう
採点者に忖度するなんてつまらないですし残念です
その辺は美術に近しいものがあろうと考えます

個人的には前者を聴いて選んだのは(ベレゾフスキーさんには悪いですが)正解だったと思ってます

yay********さん

2019/9/909:51:21

もし機会があれば、なるべく有名なピアニストが行うピアノ公開レッスンに行ってみてください。

生徒は音大の優秀な学生だったりして、まず演奏させられるのですが、これがとても上手で、特に言うこと無いんじゃないの?とか思うのですが、プロがあれこれアドバイスすると、私のような素人でも分かるくらい、見違える(音楽なので聴き違えるか?)ように変わっていきます。

いくらでも改善できることはあり、それくらい奥が深いということだと思います。それらを言葉で説明するのは難しいですが、多くは表現に関わる部分であり、そのような表現をするためには、やはり技術が必要なのだと思います。

興味があれば、中村紘子さん著「チャイコフスキーコンクール」のような書籍も読んでみてください。

dan********さん

2019/9/908:46:53

そうどすね
日本音楽コンクールでは
この間は
17歳の少年が一位で
25歳の女の東京芸術大学院生が二位でした

これは
おそらく
新鮮さと
可能性を考慮に入れた採点だと思います

技術的なものではありません

また
一位の少年はプロコフィエフの空遥をひいていましたね

戦略的にも成功していました
四位の女の人はモーツァルトのソナタを
大きなドレスを着てひいていましたが
発表会と勘違いしているのかと思いました

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる