ここから本文です

効果の本質についてです。

nan********さん

2019/9/909:49:17

効果の本質についてです。

トイレ用の消臭目的で100円ショップ行ったのですが、売り切れてて冷蔵庫用の消臭剤を買いました。
「消臭」という効果では問題ないかと思いますし、劇物以外なら「モノの効果に置き場、用途」の区別は意味ありますか?
モノには当然意識はないので設置場所、用途など気にせずいつも「効果重視」で選びます。

閲覧数:
8
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

2019/9/909:54:00

『まず、トイレとお部屋では、悪臭の原因が異なります。例えば、トイレに漂う悪臭は、排泄物に含まれるアンモニアや硫化水素といった成分が原因です。一方、お部屋に漂う悪臭の原因は、体臭や汗のニオイに由来するイソ吉草酸や、タバコのニオイ(アセトアルデヒドなど)、生ゴミのニオイ(メチルメルカプタンなど)、さらには、家具や畳、花、食品などのニオイが混ざりあった「複合臭」です。
消臭芳香剤は、それぞれの空間の悪臭に対して最も効果的な消臭成分や香料を使用しているので、異なる場所で使用した場合、充分に効果を発揮できないことがあるのです』
https://products.st-c.co.jp/plus/question/answer/19.html

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる