ここから本文です

なぜ、ステンレスより熱伝導率の悪い琺瑯が、普及しているのですか。値段も高いの...

kok********さん

2019/9/1011:59:46

なぜ、ステンレスより熱伝導率の悪い琺瑯が、普及しているのですか。値段も高いのに。
不思議です。

閲覧数:
60
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

twe********さん

2019/9/1016:39:25

https://chiebukuro.yahoo.co.jp/my/kokkikun4219 さん、琺瑯は温まりにくいですが逆の意味では熱が伝わりにくい、つまり熱が逃げにくい(保温性がある)ので、調理した後の料理を冷めにくいまま提供できる性能があるという事になります。あと、琺瑯鍋はガラス質でコーティングしているため、酸性の強い食品の調理(ジャムを煮る時等)を行う場合、ステンレスやアルミや鉄など酸に侵される鍋は使用できないので、琺瑯鍋を利用します。
つまり、調理法によって鍋を変える事で美味しく調理できるという事です。

  • 質問者

    kok********さん

    2019/9/1016:49:06

    よくわかりました。丁寧なご回答ありがとうございました!!

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

2019/9/1018:03:01

食器や調理器具としての用途なら、におい移りがしにくいため。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる