ここから本文です

チェーザレ・ボルジアとヘンリー八世は梅毒持ちなのを聞きましたが、疑問がありま...

メガロさん

2019/9/1019:20:02

チェーザレ・ボルジアとヘンリー八世は梅毒持ちなのを聞きましたが、疑問があります。
それは梅毒の症状を調べた限りだと違う気がします。

http://www.jinringi.or.jp/association/work/std/2008/v2/baidoku.htm

ヘンリー八世は梅毒持ちならば、第四期梅毒に到達しています。
それに痴呆状態ではなかったそうです。
他にもチェーザレ・ボルジアも梅毒にかかって十年以上たってますが、合戦で死んでます。
梅毒の末期症状をみると戦場に参加して戦うことが出来るのでしょうか?
このように両名は梅毒にかかって10年以上は経過してますが、晩年まで梅毒末期の症状にかかったと思えんのですよ。

閲覧数:
25
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

lab********さん

2019/9/1023:08:34

ヘンリー8世が梅毒にかかっていたという俗説は
殆どの歴史家によって退けられています。
最近の研究ではヘンリー8世の病状はⅡ型糖尿病
を治療しないでいた場合に起こる特有の症状で
あるという説が出ています。

チェーザレ・ボルジアに関しても梅毒と特定
されているわけではありません。晩年に常に
マスクを付けていたことから瘡のようなものが
できていたことは確かですが、それが梅毒によ
るものなのか、丘疹によるものなのか、壊死性
病変によるものなのか、歯茎の病気によるもの
なのかは判断できないのです。

  • 質問者

    メガロさん

    2019/9/1118:51:46

    ヘンリー八世って女たらしのクソ野郎な暗君で有名ですから、梅毒に感染したのは信憑性がありそうにみえたんですが、違ったんですな。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

gen********さん

2019/9/1020:35:32

梅毒は多くは自然治癒します。感染後2年までの早期梅毒患者の2/3がその後進展することなく自然治癒することが分かっています。また、潜伏期と顕症期とを交互に繰り返すことは”少なく”、必ずしも第1期潜伏、第1期顕症、第2期潜伏、第2期顕症というような経過をとらないことも分かっています。梅毒トリポネーマは、表皮のわずかな傷から侵入しますが、健常な皮膚や粘膜面からは侵入できません。また、梅毒は無治療で経過しても抗体の影響を受けて感染力が自然に低下することから、感染後2年までの早期梅毒を過ぎると感染力がほとんどなくなります。
梅毒は良性変異も悪性変異も両方する変わった病原菌です。

梅毒は多くは自然治癒します。感染後2年までの早期梅毒患者の2/3がその後進展することなく自然治癒することが分かって...

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる