ここから本文です

信用創造とMMTとの関係について質問があります。

har********さん

2019/9/1117:29:02

信用創造とMMTとの関係について質問があります。

銀行の融資というのは預金者から集めたお金で融資金を出すのではなく、預金がゼロであっても、融資をすることでお金を創造することができる、『万年筆マネー』というものがあるということはわかりました。

それが信用創造というものであるということはなんとなくわかりました。

ただ、よくわからないのが、そのこととMMTがどういう関係があるのかということです。

MMTというのは政府の話で、民間の話ではないですよね?

自国通貨建ての国債のデフォルトは考えられないので、インフレ率さえ注意していれば政府の借金を増やしてもいいという例の理論です。

ただ、それとこの万年筆マネーがどう関係しているのかさっぱりわかりません。

なぜMMTの話になると、この信用創造(万年筆マネー)の話が出てくるのでしょうか?

経済のことに詳しい方、よろしくお願いします。

ちなみに、あまり難しいことを言われるとわかりません。笑

閲覧数:
125
回答数:
6
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kin********さん

2019/9/1413:27:02

>なぜMMTの話になると、この信用創造(万年筆マネー)
の話が出てくるのでしょうか?

そうですね。お金の発行の本当の仕組みを知らなければ
MMTを理解することができないからです。
また、MMTが言いたいことは”政府はいくらでも借金
できる”ということだけではないからです。

MMTが言いたいことは、殆ど全てのお金は銀行が
作り出した借金だと いうことです。

お金は銀行が貸し付けを行う時に信用創造で無から
突如出現し、返済されたらそのお金は消えてしまうと
いう ことです。

つまり、世の中では貸し付けと返済が繰り返されて
いるのだ から、常にお金は出現と消滅を繰り返して
いるわけです。

そして、返済の期限を気にしないで借金をし続けら
れるのは国債を発行できる政府だけしかいないという
ことです。

だから実質的に政府はお金の発行者であり、国民は
それの利用者であるということを言いたいわけです。

政府はいくらでも国債を発行できると言っても、国債
を購入するお金がどうやって世の中に出たのかを明確
にする必要がありますよね。

信用創造の本当の仕組みを知っている国民はほんの
わずかしかいません。大部分の国民はお金そのものが
借金であることを知らないのです。

だからMMTはそれを正すために、お金は無から
作られるのだから政府は国債を発行してお金を無から
いくらでも作り出せるから何も心配はいらないよと
言っているわけです。
ただしインフレ率だけは気をつけなければと。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kum********さん

2019/9/1413:05:24

国民の未来の繁栄を担保(信用)に借りるというあくまで建前です。
政府視点なら将来的な税収の見込みによる見切り発車とも言えますね。

ちなみにそれだけなら金融緩和・量的緩和も同じ理屈。

sof********さん

2019/9/1223:50:29

「あまり難しいことを言われるとわかりません。」とのことなので、出来る限り平易に説明します。

誰かが民間銀行に借金することと、政府が日銀に借金する(国債を発行する)ことは同じです。従って”信用創造”によって、政府は国債発行の額だけ通貨を発行していることになります。
政府が国債で得たお金は必ず民間に供給されるので、「政府の借金=民間預金の増加」となります。

つまり、政府の借金が増えたのと同額だけ、民間の預金が増えるので、国債残高が増加しても国全体としてのバランスシートは悪化しない。→財政破綻はあり得ない。
というのが、MMT理論です。
参考になれば幸いです。

ric********さん

2019/9/1211:06:06

>MMTというのは政府の話で、民間の話ではないですよね?

>自国通貨建ての国債のデフォルトは考えられないので、
>インフレ率さえ注意していれば政府の借金を増やしても
>いいという例の理論です。

そういう話が流布されていることは
知らないわけではありませんが、これは全くの
誤解です。MMTは、そうしたものではありません。

これをひどい誤解、あるいは歪曲だ、と断定せざる得ないのは、
MMTの出発点である「中央銀行と政府の
オペレーション」を全く理解していない人たちによる
説明だからです。そもそもなんで国債の
デフォルトは考えられない、とMMTが論じているのか、
というと、「札を刷れるから」というような
いい加減な話ではありません。

中央銀行は単独ではオペレーションできません。
中央政府(財務省)と中央銀行は、「中央銀行の独立性」だの
何だのと標榜していようと、日々の実務においては
密接に協力し、実質的に一体として行動せざるを得ない。
そして、政府が支出をするときには常に
「貨幣創造」が行われており、
税金が納められるときには常に
「貨幣破壊」が行われている。
そして国債が市場に供給されるとき、
過剰になったベースマネーが回収され、
そして国債は、満期になれば、中央銀行あるいは
政府により、追加供給されざるを得ず、
逆に市場でベースマネーが必要とされる時には
つねに回収され、ベースマネーと交換されている。
なぜそれが必要なのか、といえば
民間金融機関間の「決済」を安定して維持するためであり、
なぜ民間金融機関間の「決済」がそれほど
重要かというと、それが「貨幣」を
貨幣たらしめる、つまり、非金融部門にとって
決済手段(支払い手段)として安定して利用可能にするための
前提条件だからです。

民間金融機関(に限りませんが)が
貨幣を発行する場合(MMTでは、「貨幣」とは
債務の価値を表示するための数字のことであり、
こうした債務のうち、どれが支払い手段つまり、
通貨あるいは通貨代替物として
どの程度の範囲で流通するかについては
こだわっているわけではない)、
原資として、ベースマネーを必要としているわけでは
ありません。ですが、融資に際して
預金通貨を生み出してしまうと、
預金とは、銀行自身の負債ですから、
そこに新たな決済義務が生じる。
つまり、銀行は、預金を発行することによって
その金額を上限として

1. 紙幣に払い戻しをする
2. ほかの銀行へ送金する
3. 政府・中央銀行への支払いを代行する
4. 自分自身の債権と相殺する

という4つの義務を負います。この中で
紙幣への払い戻しに応じるためには、紙幣の準備が
必要ですし、
他の銀行へ送金する、および、政府・中央銀行への
支払いを代行する、ということに関しては、
準備預金が必要になります。
この紙幣、および準備預金を供給し、
そして銀行間、および、銀行と政府・中央銀行との
間の決済をスムーズに運行できるようにすることが
中央銀行の最重要業務です。これが「最」重要だ、
というのは、インフレ対策だろうと失業対策だろうと
景気対策だろうと、ここがうまくいかなくなれば
貨幣制度のそのものが破綻するからです。
つまり、中央銀行は

銀行の融資のために「原資」として必要な貨幣を
供給しているのではなく、

銀行が過去に行った融資によって発生した「預金」を
貨幣として流通させるための、銀行間の「通貨」を供給している
(そして、これをきちんと
過不足なく供給するためには、中央政府との
一体関係が不可欠)

のです。この後者の部分を
強調したのがMMTであるわけですけれど、
前者の部分しか(あるいはそれさえ)見ない
MMTの紹介・解説が多いのは、困ったことです。

なぜこれがMMTにとって重要か、というと
資本制経済というものは、
経済活動に伴い、常に決済を要する負債を生み出しているのだけれど、
こうした負債は、常に累積して
そして最後には決済不能な状態となり、それが
金融危機を引き起こす、と考えているからです。


政府の貨幣供給が、なぜ重要か、というと
それが貨幣を生み出すからではなく、
それによって、民間で生み出された貨幣が
決済されているから、だということです。

oso********さん

2019/9/1117:44:49

銀行の貸し出しは、預金を元手としない。反対に、貸し出しが預金を生む。
この原理は、政府の場合も同じである。・・・・ここですよね

すなわち、財政赤字は、それと同額の民間貯蓄(預金)を生む。
主流派経済学が考えるように、民間貯蓄が財政赤字をファイナンスしているというわけではない。
もう少し説明すると

政府が赤字財政支出をするに当たって国債を発行し、その国債を銀行が購入する場合、銀行は中央銀行に設けられた準備預金を通じて買う。この準備預金は、中央銀行が供給したものであって、銀行が集めた民間預金ではない。

そして、政府が財政支出を行うと、支出額と同額の民間預金が生まれる(すなわち、貨幣供給量が増える)
「財政赤字によって資金が逼迫して金利が上昇する」などということは、起きようがない。実際、日本では、過去20年にわたり、巨額の政府債務を累積し続ける中で、金利は世界最低水準で推移してきた。多くの主流派経済学者が「いずれ金利が急騰する」と予測してきたが、その予測はことごとく外れてきた。

その予測は、今後も実現することはないであろう。貨幣についての理解が、「天動説」並みに間違っているから・・・・

プロフィール画像

カテゴリマスター

2019/9/1117:33:36

いいえ、預金がゼロでは信用創造はできません。
つまり根本的に誤解しています。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる