ここから本文です

なぜ18世紀までヨーロッパの貴族の公用語はフランス語を使っていたのですか?また...

ハリス直さん

2019/9/1210:22:45

なぜ18世紀までヨーロッパの貴族の公用語はフランス語を使っていたのですか?また、彼らは所有していた土地の言語はある程度話せたのですか?

閲覧数:
39
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gen********さん

2019/9/1214:38:21

当時、フランスが文化の中心だったからというのが簡単な答えなんですが、フランスの宰相リシュリューが17世紀の前半にフランス学士院を公的機関に制定してフランス語の統一と純化という文化政策を押し進めた結果、いわゆる共通語が主要国のなかで初めて誕生したのが大きかったのです。
というのも、それまでは、死語であるラテン語が文語として多く用いられ、かなり不便でした。
ヨーロッパは多民族社会で、複数の言語が分化して混在した状態だったので、表記方も発音も、バラバラの状態で、例えばイタリア語といったらトスカーナ語のことなのですが、イタリアには他の方言が10以上あって、それぞれ全然違います。
こういう状態だったので、共通語が必要とされ、フランス語がフランスの文化と共にヨーロッパ全体・特に上流階級の間で広がり、一種のステイタスになったのです。
文化水準はイタリアも進んでいましたが、近世以後はイタリアは分裂状態が続き、統一されていなかった。ドイツ(地方)はまだまだ田舎で、ドイツ語は上品ではなく野蛮だと思われていました。
基本的に、フランス語が現在まで国際言語として残ってるのは、ほぼほぼ、リシュリューの先見の明のおかげといえます。

当時、フランスが文化の中心だったからというのが簡単な答えなんですが、フランスの宰相リシュリューが17世紀の前半にフ...

  • gen********さん

    2019/9/1214:41:11

    あと答えわすれてましたが、領民の言葉を介さない領主はかなりいました。ロシア語は少ししか話さず、ドイツ語を主に使うロシア皇帝もいました。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

錦城尚也さん

2019/9/1216:10:15

フランスが当時のヨーロッパで屈指の強国であり、
啓蒙思想の中心地でもあったからです。啓蒙思想
は科学を宗教から分離するもので、科学は貴族た
ちにとって領地や国家を繁栄させるのに必要でし
た。

それゆえ、フランス人の大部分がまだフランス語
を話せなかった時代に、外国の王族や貴族がフラ
ンス語を話せるようになったのです。

2019/9/1211:35:38

大陸においては、フランスが最強の国家であり、文化の中心でもあったからです。
場所的にも、真ん中ですしね。

フランス以外の諸侯は、当然二か国語を話したことになります。

所有と言っても、一カ所だけとはかぎりません。生まれ育ってない所領の言葉は当然不得意でしょう。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる