ここから本文です

子犬のワルツのトリル

アバター

ID非公開さん

2019/9/1223:30:59

子犬のワルツのトリル

すべてのトリルができません
トリルがうまく入る練習法やコツなどはありますか?

補足みなさんの意見参考になりました!ベストアンサーきめられないので、みなさんの意見をみて練習中です
たぶん力が入ってるのだとおもいます。指の力ぬいてみて、ゆっくり練習、それからリズム?かえてもしています。
ありがとうございました。すごい勉強になりました。

閲覧数:
63
回答数:
6
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

アバター

ID非公開さん

2019/9/1223:37:34

トリルは今まで練習してきましたか。

別に子犬のワルツのトリルが特別速いわけでもないので、他のトリルができていれば出来ると思いますが、多分今まで練習してないのでしょうか。

もし、指が動かないようでしたら、最初はハノンで練習して、徐々に長くしていけばできます。

まずは、ゆっくり正確に練習していって、アクセントを4つに1つとか、3つに1つとか、リズムも符点でするのをやってみてください。

速いところ全般に言えることですが、最初ゆっくり正確にやっていれば、回数を重ねるといつか速くできているものなので、できる範囲で練習していってみてください。

ただ、鍵盤の戻りの悪い楽器で練習しても上達はしません。

ある程度速くなったら、グランドで練習してみてください。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

リトピさん

2019/9/1310:18:29

トリルを弾くときに指を(交互に)速く動かすためには、少なくとも2つの事柄が必要だと思います。

1. 各指の打鍵タイミングを早める
とある研究結果によると、速く弾けるピアニストは、演奏を速くするとき、指の動作速度を上げる代わりに、【打鍵タイミングを早める】ことがわかっています。それをトリルにも利用しましょう。

なお、指の(曲げ伸ばしをする)筋肉を鍛えても、別に指が速くなることはないそうなので、ご質問者様は勘違いしないようお気を付けください(大事なのは、指を動かす【神経細胞の数】が多いかどうか)。
参考1: https://lppianolife.blogspot.com/2019/08/19.html


2. 肘の回転も利用する
これまた、とある研究によると、プロのピアニストは、トレモロを演奏する際、指ではなく肘の回転(ドアノブを回すときの腕の動き)を利用して弾いています。これをトリルにも応用すると良いでしょう。
参考2: https://lppianolife.blogspot.com/2017/10/17.html


あとは、かなり初歩的ですが、【あらかじめトリルの数を決めておく】というのも非常に大事です。


ちなみに、ピアノを速く弾くときとゆっくり弾くときでは、実は弾き方そのものが違います。とあるピアニスト曰く「ゆっくり練習していると、速く演奏するときに必要になるのとは全く関係ない癖がついてしまうことがある」だそうです(by 書籍『成功する音楽家の新習慣』)。

そのため、「ゆっくり練習」をしても、速く弾くためにはならないので、ご質問者様はお気を付けください。
参考3: http://lppianolife.blogspot.com/2016/08/3.html


----------
また、大半の人が勘違いしているみたいですが、そもそもの弾き方(もとい身体の使い方)自体を誤っていたら・まず何が正しい弾き方(身体の使い方)なのかを知ろうとしなければ、いくら力を抜いても・ゆっくり弾いたとしても、何も状況は良くなりません(むしろそのせいで変な癖がついて、状況が悪化する恐れもある)。
参考4: https://lppianolife.blogspot.com/2019/08/11.html

そもそも、速く弾くための "コツ" は、力を抜くことでも、ゆっくり弾いたときの弾き方を少しずつ早送り再生して(慣れて)いくことでもなく、【速く弾くために必要な指・手・腕・肩・身体全体の新しい動きを見つけること】です。この辺、ご質問者様は、はき違えないよう十分お気を付けください。

psg********さん

2019/9/1308:06:52

原因は様々なので、
実際に演奏を観てもらって、アドバイスをいただくのが一番なんですが。

一番よくある原因だと、力の入りすぎです。
今までトリルは練習しましたか?それともはじめて?
初めてトリルに挑戦する人とかだと、難しく構えすぎて、ガチガチに強張ってたりします。指を上げすぎたりとかね。
必要なところに必要な分だけ力を使うのが"コツ"ですが、難しい技術なので、いきなり速く動かすことを頑張ろうとしないで、指の力の入れ具合を意識して練習するようにしましょう

entyさん

2019/9/1302:49:01

うまく入らない原因によって、解決法が異なります。
自分の技術のせいか、楽器に問題があるのか、原因を切り分けるのが先決です。
複数のピアノ(グランド、アップライト、出来れば複数のメーカー)を弾いて、弾けるかどうか試してみましょう。

指が上がりすぎていたら、それを矯正する。

指の回りが遅いのなら、筋トレ。

腕に力が入ってコントロール出来ないなら、脱力の練習。

全ての指がトリルを出来ないのか、特定の指だけ出来ないのか見極める。

鍵盤の戻りが遅いなら、調律師に相談する。

消音装置がついたピアノなら、それを外す。

初心者用モデルで練習しているのなら、ピアノを買い換える。

ai_makot0さん

2019/9/1302:48:27

現在、妹もそのことで悩んでいます
私からあなたにアドバイスするなら、他の回答者さんも言っている通りまず、

①指の力を抜く
が大切になってくると思います。

②ゆっくりトリルをして徐々にスピードを上げていく
これをすると指が早さに慣れてくるので定着します!!

私は②の方法でトリルの練習をしていました。今ではお茶の子さいさいです。他の楽曲にも対応できるので参考にしてみてください。

長い文章失礼しました。ピアノの練習頑張ってください☺️

プロフィール画像

カテゴリマスター

shousugiuraさん

2019/9/1223:34:24

使わない指に、余計な力を入れないようにしましょう。
そうすることで、動かす指に必要な力を入れることができます。
当たり前だけど、とても難しいこと。とても専門的なこと、です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる