ここから本文です

家庭菜園のトマト栽培の後 スナップえんどうは 大丈夫でしょうか??

まめっち ( ´ ▽ ` )ノさん

2019/9/1313:20:32

家庭菜園のトマト栽培の後
スナップえんどうは 大丈夫でしょうか??

閲覧数:
25
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yuk********さん

2019/9/1319:41:13

マメ科のスナップえんどうとなす科のトマトは科目は違う物の相性は最悪で、最低でも3.4年は空けて下さい。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mmさん

2019/9/1317:21:46

トマトはナス科でスナップエンドウはマメ科です。エンドウ類は連作に厳しく、書物や有名な農園の情報では6~7年空けねばならないと書いてあります。こちらでは毎年大量のエンドウ豆が要りますので、ナス科の連作対策も入れて農園の区切りの良い所を3分割にして、A地区は夏野菜群,B地区はエンドウ群,C地区は冬野菜その他に分けて輪作をしています。連作障害のない野菜群については、別の場所で栽培しています。従いまして、連作に厳しいエンドウやナス科の野菜についても、2年明けで栽培していますが、連作障害はありません。1年明けでエンドウ豆を作ったことはありませんが、2年明けなら大丈夫という事です。
さて、ご質問のエンドウのことですが、エンドウ豆とトマトは栽培時期が違いますので、トマトの前にマメ類を作っておられたら連作になり、これは絶対ヤバイです。
前の年でもマメ科の野菜を作っておられたら、1年明けになりこれも少し難しいです。2年空けられたら私の農園と同じ条件なので、別に7年もあける必要はないと思います。ただ、こちらは栽培の時に畝の下を深く掘り、堆肥元肥などを入れていますので栽培条件は違うと思います。

トマトはナス科でスナップエンドウはマメ科です。エンドウ類は連作に厳しく、書物や有名な農園の情報では6~7年空けねば...

プロフィール画像

カテゴリマスター

mas********さん

2019/9/1315:08:05

トマト栽培が多肥状態でなければ大丈夫です。
豌豆類は膨軟な土壌を好み根周りに空気の流入が
促進される様に良く耕して堆肥を施し柔らかな土壌に
成るべく寒さに耐える大きさ(苗の草丈が15㎝位の物)を植え
防寒対策をして冬を乗り切る事です。
(寒地では春に種蒔きをしますが)

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる