ここから本文です

初めまして。私は創価学会の二世で物心着く前から学会員でした。現在中学2年生で、...

exe********さん

2019/9/1322:17:07

初めまして。私は創価学会の二世で物心着く前から学会員でした。現在中学2年生で、富士鼓笛隊に入っています。

両親、特に父親が学会活動に熱心で今まで私は父親に褒めてもらいたくて学会活動をしてきた部分がありま

す。

小学生の時は毎年夏休みを全て使い少年少女希望絵画展に絵を出していましたし、小学4年生の時には地元の合唱団に入団し、小学校卒業まで約3年間正直行きたくない練習に友達との遊びを断ってまで行っていました。

中学校に入学するタイミングで入隊試験を受け合格し、入隊したのですがそれも正直自分から行きたい、入りたいと思って入隊試験を受けたのではなく、父親からの勧めで断れなかったから受けたという表現が正しいと思います。

幸い今は毎週ある練習を楽しいと素直に思えていますし、鼓笛隊に入隊した事で仲のいい友達もたくさん出来ました。

ですが、創価学会の学会活動に対して疑問を今でも抱いていることは確かです。例えば選挙などで公明党を推す行為があまり理解出来ませんし、創価学会の事を布教したから偉い、というのもあまりよく分かりません。

宗教の信仰の自由があり、その人自身が信仰したいと思った宗教を信仰すればいいと思いますし、選挙も自分が投票したいと思った人に投票するべきだと思うからです。

また、インターネットなどで一部の学会員さんの悪い話を見かけてから、このまま創価学会を信仰していくことは自分にとって本当にいいのか、と思い始めてしまいました。

私が悩んでいるのはこのまま鼓笛隊を続けていきたいとは思っているのですが、鼓笛隊を辞めたあともそのまま学会員として活動をしていくべきなのか、という点についてです。

まだまだ先の話ではありますが、学会を脱会するのは父親の事もあり難しいと考えています。

脱会が出来なくても座談会などの学会活動をキッパリやめて、未入会の方々と同じように生きていくことは可能なのでしょうか?

宗教に詳しい方、現在鼓笛隊員の方や学会員として活動している方、同じような経験をされた方などいらっしゃいましたらお答え頂けると嬉しいです。

長くなり、また分かりにくい文章になってしまい本当に申し訳ないです。ご回答お待ちしております。

閲覧数:
267
回答数:
11

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

har********さん

2019/9/1522:38:10

長文になりますことお許しください。

まず、あなたは文面からとても真面目で聡明な方だと思いました。

聡明なあなただからこそ創価学会に疑問を持たれることは

とても自然な事です。

「信仰」は”妄信”や”マインドコントロール”されることが

一番恐ろしい事ですので、冷静にお考えになっているようで

とても安心いたしました。


まだ中学二年生とのことで、鼓笛隊の活動もとても楽しいご様子、

今は、まだ未成年ですし、十分に楽しまれればいいと思います。


ただ、創価学会の特徴として

成人してからも創価学会の活動に没頭してしまいますと、

外部の友人がいなくなる、自由が無くなる、見識が狭くなる、

偏狭なものの考えになる、

”創価学会の情報が全て”で”その情報のみが正しい”と思わされるなど、

だんだん”自分らしさ”や”自由に生きる人生”を奪われていきます。


私は、元創価学会3世です。

真面目に40年間学会に人生を懸けて活動してきました。

けれど、創価学会の組織については

一般社会の常識から離れている事や矛盾がたくさんあって

批判したり、意見をしたりしました。

ですので、”妄信者の親”とはいつも衝突していました。

親はいつも「組織批判はするな!」と怒鳴るだけ、

ほんとうにいつもうんざりしました。


私は今では創価学会にも、日蓮正宗にも、他の宗教組織にも属していません。


世界中のどの宗教を見ても

「人間の作った組織は存続の為に会員を利用」しますし、

「組織の論理が争いの元」になっています。

このことから

”組織に属すと純粋な信仰心を保つことはできなくなる”

ということが解りました。


日本の宗教は、神道・仏教に関わらず、

”戦中に死に絶えた”と思っていますので、現在の宗教組織は

全て存在意義すらないと思っています。

それは、どの宗教組織も”民衆救済の為に命懸け”で

”戦争反対を訴えなかった”からです。

「人間を救うための宗教自体が戦争加担した」のと一緒です。


私は、色々な哲学や宗教、経を偏ることなく勉強し、

真に人間を賢く、慈悲深くするために導く

「真実の法」を探求しています。

あなたも、創価学会に疑問をどうぞ持ち続けられて、

”お父様のお考えになる人生”でなく、ご自分の為のご自分らしい人生を

歩んでください!!


未成年で創価学会の活動を止める事は、

お父様との衝突は免れませんし、とても不利になります。

ただ、ご自分の考えとして意見を日ごろから少しずつ

伝えることはされた方がいいでしょう。

そして成人された時に「宗教の自由」がありますので

キッパリと決断をされればいいと思います。


座談会や活動に参加しない会員であっても

”幽霊会員”として名前がいつまでたっても組織に残りますので、

他府県に引っ越ししても結婚しても居場所などを

把握されてしまいます。


あなたの人生はあなたのものです。

どうぞ大切になさって良い人生を歩んでください!


創価学会によって青春も人生も奪われてしまった私からの

切なるお願いです。

長文で失礼致します。

質問した人からのコメント

2019/9/18 22:43:32

まずはたくさんのご回答ありがとうございました!
皆さんのご回答から今後の自分の創価学会との向き合い方などを考えることが出来ました。
本当でしたら全員にベストアンサーを差し上げたいのですが、自分の最終的な考えと似ていた回答をベストアンサーに選ばせて頂きました。
やはり父の思い通りになる人生には納得がいきませんし、自分らしさを大切にしようと思います。
本当にありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/10件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

アバター

ID非公開さん

2019/9/1601:38:15

今は中学生なので仕方ありませんが、自立したら、ご自分で判断されることをお勧めします。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

mom********さん

2019/9/1513:23:15

いろいろ理解不可能な矛盾だらけな団体ですが、親が死んだら、どこのお墓に入るんでしょう?
そして、いつか、あなたが死んだ時、どこの墓に入るんでしょうか?

まだまだこれからも理解できないこと、たくさん、ありますよ。鼓笛隊に入って仲間がたくさん、できたことはいいことじゃないですか?

1人で孤独な若者が多い、この時代に仲間ができるなんて学会ぐらいじゃないですか?

人の意見を聞かずに一方的に暴走すふのが創価学会の悪いとこですが、究極、親と同じ墓に入りたいなら学会員でいることです。

yaoyorozusanさん

2019/9/1500:37:26

たいへん読みやすい文章です。・・・本当に中学2年生?(笑)


私は「宗教が現代人にとって何がプラスで何がマイナスか」を観察しているタイプのおじさんです。


あなたのような2世さんを何人か見てきましたが、大きな共通点は「親に気に入ってもらうために宗教活動をしてきたことに違和感を持っている」という点です。


これがそれぞれのみなさんの心に影を落としていると思います。それは親の愛情が本来の「無条件の愛」「無償の愛」ではなく「条件付きの愛」「有償の愛」だからなんですね。


そうすると宗教をやらないことによって「本当は自分に価値がないのかも・・・?」と不安になったりもします。


「お父さんやお母さんにとって、私という人間はなんだったの?」という疑問に強く悩まされる人もいるんですね。


あなたは今、鼓笛隊への参加を「学会の活動だから」という以上に楽しんで積極的にやっていると思います。


それはとてもよいことだと思いますよ。宗教抜きで「自分の力がチームに役立つ」という感触を得ているのでしょうから。


もしあなたが非活になっても、鼓笛隊があなたを「同じように器楽を愛する者」として迎えてくれるのであれば、言う事はありませんね。


でももし非活になったことで鼓笛隊がこれまでのようにあなたを迎えてくれないのであれば、それはやはり「条件付きの仲間」「有償の仲間」だったということになります。


そのときに「自分はいったい何のために存在しているんだろう」と不安になるかもしれません。


質問で「未入会の方々と同じように生きていくことは可能なのでしょうか?」とありましたが、私が心配するのはあなたと周囲(これまでの人間関係の中心である両親や学会)との関係よりも、あなた自身の中に潜んでいるかもしれない、前述の「不安」のほうです。


鼓笛隊に打ち込んだ自分に自信をもって、たとえば学会外で器楽を愛する人たちと一緒に鼓笛を楽しめるチャンスなんかがあれば、あなたはそこに自分の「価値」を見い出し、不安になることもないでしょう(本当はそういうことがなくても「自分の価値」に不安を持たないのがいいんですが)。


「〇〇をやっている自分が好き」「宗教抜きでも自分を迎えてくれる仲間がいる」という感触を得られるチャンスをどんどん「学会外部」に求めていき、自分の中身を育てていってください。


そうできれば、親からも学会からも「卒業」しやすいんじゃないでしょうか。

まささん

2019/9/1422:57:11

私も学会2世でした。しかし、創価学会に疑問をもち、両親の引き留めを無視し、創価学会を止めました。
自分を信じてて生きて下さい。
もし、少しでも信仰する意識があるなら「大石寺:日蓮正宗」を調べて下さい。

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

ノミノさん

2019/9/1410:06:02

創価学会員です。

中学2年生なのに素晴らしく分かり易い文章ですね。
悲観する事はないと思いますよ。

貴方の意見↓↓↓
例えば選挙などで公明党を推す行為があまり理解出来ませんし、創価学会の事を布教したから偉い、というのもあまりよく分かりません。

私の意見↓↓↓
中学2年生ですから、選挙の事や公明党の積み重ねて来た実績など、これから勉強して行ってください。
創価学会の事を布教したから偉いなどの教義は、創価学会にはありません。
法華経(南無妙法蓮華経)の広宣流布が尊い行動であると思います。

貴方の質問↓↓↓
脱会が出来なくても座談会などの学会活動をキッパリやめて、未入会の方々と同じように生きていくことは可能なのでしょうか?

私の回答↓↓↓
するもしないも、辞めるも辞めないも貴方の自由です。信教の自由がありますからね。
貴方の親御さんがどの様に言うのかは分かりませんが、やらされる宗教ならば、辞めた方がマシです。

創価学会の日蓮仏法は、自ら望んで自主的に行動しないと成長は出来ません。
仏道ですから当たり前ではありますが、やらされるなどの信心は、信心と呼ばないのであります。

人間革命、宿命転換する為には、創価学会の日蓮仏法しか成せません。

しかし、それをするもしないも辞めるも辞めないも貴方の自由となります。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる