ここから本文です

毎日10kmの平坦路ウォーキングは 登山のためのトレーニングとして有効ですか?

アバター

ID非公開さん

2019/9/1322:54:45

毎日10kmの平坦路ウォーキングは
登山のためのトレーニングとして有効ですか?

閲覧数:
71
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

ish********さん

2019/9/1414:30:09

体を慣らすといった意味では効果絶大です。

いきなり全力疾走が出来ないのと同様に、登山もいきなりすごい勢いで登る事は出来ません。
でも日頃何らかの運動を行っていると、自律神経は短時間で適応するので、直ぐに「運動モード」に切り替わります。
これにより神経伝達物質の分泌が増え、血管の拡張❨特に皮下血流の増加、熱放散の高効率化❩、循環器内の血液増量❨運動による酸欠を防ぐ❩など、様々な事が体内で起こります。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

pio********さん

2019/9/1421:36:23

その心肺機能は、心拍数がある程度高くなる運動強度でないと向上しません。
目標心拍数=(220―年齢―安静時心拍数)×0.7+安静時心拍数
30歳の人で安静時心拍数が70なら、
目標心拍数=(220―30―70)×0.7+70=154
これくらいの運動強度が心肺機能の向上に効果があります。
10kmの平坦路ウォーキングは、どうでしょう?
早歩きなら脂肪燃焼には効果があるかも知れません。

プロフィール画像

カテゴリマスター

mom********さん

2019/9/1418:14:08

心肺機能を強化には良いと思いますが、登山のトレーニングなら「階段登り」の方が効果的だと思います。10㎝の高さでもいいから膝を持ち上げることが大切。

fq_********さん

2019/9/1412:07:34

そりゃ毎日10kmも歩けば効果ありますよ。
効率を考えたら、10kg程度の荷物を背負っての階段や坂道の上り降りの方が効果有りますけど。

bbh********さん

2019/9/1411:51:26

心肺能力と言う観点なら
有効ですが平地を歩く筋肉と
斜面を歩く筋肉とは別物ですから
登山をする筋肉は全然鍛えられて
いないので登山をする目的で
歩いているなら無意味に近いです

trd********さん

2019/9/1411:21:39

何もしないよりはマシという意味では有効でしょうね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる