ここから本文です

中国史で質問なんですが!曹操が魏王・司馬昭が晋王に封じられて(その他何人かも...

pkn********さん

2019/9/1603:58:32

中国史で質問なんですが!曹操が魏王・司馬昭が晋王に封じられて(その他何人かも宋などに封じられてますが)おりますがこれは漢の中魏の中にもう1つ国ができたという感じなんですか?それとも

県知事みたいな感じなんですか?わかるかた教えて頂けたらありがたいけど

閲覧数:
30
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

漢晋春秋さん

2019/9/1610:49:54

そういう理解で概ね合っています。
中国史上の帝国(王朝)というのは皇帝を頂点とする国家体制ですが、臣下に「爵位」というものを与えます。俗に王侯と呼びますが王・公・侯といった爵位は官職(官位)とともにその王朝内での地位や権力を示すものでした。
中国史においては、前漢の早い時期を除けば漢王朝(前漢・後漢)では王とは皇族のみが許される爵位でした。王・公・侯いずれも叙任されると領地として一定の土地を与えられ、その土地を「国」と称します。前漢・後漢においては「国」は基本的に一郡に相当し、王が封じられた郡をそのまま国と呼び替えます。郡の太守に相当する行政代行官として「相」が置かれます。これらの国を「藩国」とも呼びます。
侯国は侯に徴税権が与えられ、公国になると公には簡単な行政権と軍権(徴兵権)も与えられます。そして王国ともなると王には完全な行政権が与えられ、帝国と同じように文武百官を任命して王国内限定で自由に政治を行い統治してよいことになっていました。

曹操の場合は河東・河内・魏・趙・中山・常山・鉅鹿・安平・甘陵・平原の十郡を領地として魏公に取り立てられました。これは当時の法制としても破格と言えます。公国の領域として広大過ぎるだけでなく、この中には趙国・中山国・常山国といった「伝統的に漢王朝の藩国であった郡」が含まれています。曹操は当初魏郡のみをもって受領しようとしますが、周囲に諫言され結局十郡全て受け取る形で魏公に叙任されています。3年後に藩国の領域はそのままで魏王に格上げされました。
司馬昭の場合はやはり十郡をもって263年に晋公、翌年にさらに十郡を加えて晋王に叙されています。さらに翌年に急死し、息子の司馬炎が晋王の爵位を引き継ぎ禅譲を経て265年に晋王朝(晋帝国)が成立しました。

質問した人からのコメント

2019/9/20 04:58:57

一番解りやすくありがとうございました

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

par********さん

2019/9/1700:16:59

郡県制や郡国制があってわかり難いですが、基本は、皇帝が地方自治を
諸侯に任せて、その国の王に任命した形です。
県知事と考えれば間違いではありませんね。

ただ、当然のことながら、各国王は独自の軍隊も持っていますから、
ある意味、仕方なく任命した形ですね。
郡国制は前漢で始まり、当初の国王はほとんど劉氏一族が任命されて
いましたが、徐々に崩れて、曹操の魏王などは、国の中心を任せるに
等しい任命でしたし、その魏の中の晋王も、まさに国の中央を任せる
任命ですね。

後漢の時代、確か70国くらいの国があったと思いますが、主要なのは
戦国時代の7国の地で、魏や晋の地こそ、その中心になります。
宋の時代など、諸侯は中央から派遣され、軍は中央が管轄する体制でした
が、そこまでしないと、任命された国王は軍閥化して自立する様になる
のが常でしたね。

cra********さん

2019/9/1615:45:05

わかりやすく言うと江戸時代の大名に近いです。

met********さん

2019/9/1609:37:14

当時の中国では国とは現代日本の県のような地方行政区分です。
日本だって昔は地方行政区分は武蔵国とか、越前国など「国」と呼ばれていました。

国王は男性皇族や功臣、朝貢国の首長などが任命される地方行政長官です。
現代日本にも王や女王がいます。秋篠宮様や悠仁様は王です(厳密には特別な王である「親王」)。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる