ここから本文です

クロールがゆっくり泳げません。 いろいろ試しているのですが、どう泳いでも25m35...

iga********さん

2019/9/1722:58:35

クロールがゆっくり泳げません。
いろいろ試しているのですが、どう泳いでも25m35秒くらいで泳いでしまいます。
(でも早く泳ごうと思った時でも30秒くらいで早くはないです。)

やってみた

こと
・キャッチアップの練習
・2ビート
・ストロークをゆっくり

25m45秒くらいでゆっくりゆったり泳いで、休憩なしで1,000m泳いでみたいです。
今の速度だと50mくらい続けて泳ぐと苦しくなってきます。

また、600mくらい泳ぐと前腕が疲れてくるのですが、これはフォームがおかしいからで、そのせいで速度が調節できないとかでしょうか?
アドバイスください。

閲覧数:
322
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

2019/9/1801:03:25

クロールのストロークはキックとリンクしていますので・・
キックが速いとストロークも速くなってしまいます。

プルブイを使ってキック無しにすれば・・
ご自分の好きなリズムで泳げます。
トライしてみて下さい。

Pointは・・
リカバリーからエントリーした後にグライドを使う事です


>600mくらい泳ぐと前腕が疲れてくるのですが、
>これはフォームがおかしいからで・・

ん〜見てみないと何とも言えません。

  • 質問者

    iga********さん

    2019/9/1913:28:35

    今日プールに行ってきました。
    プルブイを使ってみましたが難しいですね!
    ローリングすると回りすぎてバランスが取りにくかったです。
    呼吸が難しくちょっと疲れましたw
    あと、下半身の背面が水の上にでてしまっている感じがします。
    こういうものでしょうか?
    ちょっと上がりすぎている気がします。
    グライドは意識してます!
    回してない方の腕を、肩からぐーっと前に伸ばすように心がけてます!

    肩と腕の力がつくと思うのでプルブイもう少し練習してみます。
    ありがとうございました!

  • その他の返信(2件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2019/9/24 08:14:13

色々教えていただきありがとうございました!
悩みましたが、具体的に教えてくださったのでベストアンサーにさせていただきました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tan********さん

2019/9/2012:16:32

ゆっくり泳げない理由は、息継ぎができてないからでしょうね

泳ぐ勢いに頼って息継ぎをしている、だからゆっくりにすると息継ぎができない
よくあるパターンです

さらに、25m30~35秒で50mで息が上がるということは、息継ぎというか呼吸そのものができていない可能性もありますね
きちんと吐いて吸えていない

なにを目標にされているかでも違ってきますが、ゆっくり長く泳ぐというだけなら、体力はあまり関係ないですね(体力の無さそうな年配の方が実際にそうやって泳いでいるのを目の当たりにしていると思いますし)

距離を泳ぐためにゆっくり泳ぐというアプローチはいいと思いますので、速く泳ごうなんていう意識は捨てて、とりあえず沈まない程度のスピードで、息継ぎだけに専念して、200m泳げれば息継ぎ、呼吸はOKです

あと、呼吸は、回数が重要、浅くてもいいです
しっかり吐き切って吸うなんていうのは競泳のそれであって、ゆっくり長くなら、浅く、回数を多くで十分です

200m泳げれば、1000mはすぐそこです(^^)/

競泳をやってきた方には、クラゲだなんだと揶揄されるかもしれませんが、人それぞれです(^^ゞ

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

nicht_knightさん

2019/9/1802:47:14

いえ、25m35秒は有り得ないほどゆっくりです・・・。
水泳は幼少から高校までやって中高とも主将だった経験者ですが、そのスピードだと遅すぎて肩周りの筋肉が疲労してしまい、100m泳ぐのも嫌になると思います。


休憩無しで1000m泳ぐにはゆっくり泳ぐ練習をするよりも、速く泳ぐ練習をして腕・肩の筋力を強化した方が良いです。速く泳ごうとしても30秒かかるということは、上半身の力もキック力も圧倒的に不足しています。せめて25mを20秒ぐらいで泳げるようにしましょう。

速くかくことで水の抵抗は増しますので、筋力アップの効果が増します。ゆっくりかいていると水の抵抗が小さくなるのでいくらやっても筋力がアップせずスピードが出せません。

スピードが出せる筋力がつくと、ゆっくりやったときに使う力が全力の時と比べて十分に小さくなって疲労が蓄積しなくなり、いくらでも泳げるようになります。

50m泳ぐと苦しくなるのは速度のせいではなく単純に体力が足りていないということです。600mくらい泳ぐと前腕が疲れてくるというのも、やはり筋力不足です。



1つ勘違いがあるように思います。

水泳はある程度のスピードが無いと、無駄な体力を使います。ジョギングなんかだとゆっくりになるほど楽になりますが、水泳は「腕が水面より上にある時」は、腕が水に浸かっていない分の浮力が得られなくなるので、体が沈みやすくなり、抵抗が増えて疲れます。
水面から出している時間は極力短くし、腕が前後に伸びている時間を長くしましょう。

キックは延々と打てるだけの体力があることが前提です。上半身の力が十分にあって2ビートで十分な浮力と推進力が得られるならいいですけど、あなたのスピードでは2ビートでは下半身が沈んでしまうと思います。下半身が沈むと抵抗が増えるのでますます速度が落ち、体力を使い果たしてしまいます。

・泳ぐ速度を上げる
・腕の回転スピードを上げる
・キックの練習をする

まずは泳ぐ力そのものをつけるべきです。現時点では長距離だとか短距離だとか考えるスピードではなく、泳ぐ練習をする段階です。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる