ここから本文です

財務会計と管理会計って、メーカーの場合それぞれどんな面白みありますか?

m_a********さん

2019/9/2810:00:03

財務会計と管理会計って、メーカーの場合それぞれどんな面白みありますか?

閲覧数:
19
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

2019/9/2810:57:52

財務会計は経営状態を外部の利害関係者へ開示するために作成されます。
財務会計の公表は決算書(財務諸表)をもとにして行われます。
決算書には貸借対照表や損益計算書などが含まれます。

財務会計には、情報提供機能と利害調整機能という2つの機能があります。


管理会計は社内において各業務プロセスからデータを集計・加工し、直接費や間接費の原価分析、収益性分析のレポートを作成、それをもとに現状把握や経営判断を行なうことを目的としています。

管理会計による情報をもとにして、主に事業計画書や中期経営計画の策定、取締役会の資料作成、予実管理と分析を行います。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

uzg********さん

2019/9/2811:47:13

メーカーの経理は、原価計算と製品(群)別損益をいかに見せるのかとが大きな醍醐味のひとつでしょうね。

財務会計は、これらおよびその他の損益、資産負債残高を外部に向けてどのように発信するのか、どのように説明するのか、それを考えて組み立てていくのが、あるいはその一端を担うのが面白味となります。

管理会計は、経営判断に資するように、原価計算でいかなるものを選択するか、その結果や製品(群)別損益その他の損益、資産負債残高をいかに示すか、それを考えて組み立てていくのが、あるいはその一端を担うのが面白味となります。


なお、財務会計には、管理会計と同様に、利害関係者に向けて分析結果や経営判断の内容等をレポーティングすることも含まれます。

管理会計にだけ「直接費や間接費の原価分析、収益性分析のレポートを作成、それをもとに現状把握や経営判断を行なうことを目的としています」としているのは、出鱈目回答を垂れ流すことで有名な出鱈目回答者です。騙されないようお気を付けください。

sam********さん

2019/9/2810:55:34

外食業向けの管理会計システムのクラウドサービスのベンダーで商品企画や外部設計をやってます。
管理会計は、会社によって運用がだいぶ異なります。カスタマイズは多いですね。パッケージを作ってもビジネスモデルとしてスケールアップしにくいとは感じています。
管理会計システムメーカーといえども、財務会計の知識がないとクライアントと会話が成立しません。管理会計システムと財務会計システムが連携することが多いためです。
管理会計の方が、フロントにある業務システムとの関わりが多いので、業務知識が求められることが多いです。

開発する立場としては、管理会計の方が面白いと思って入社しましたが、多分、財務会計の方が給料は良いと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる