ここから本文です

アオリイカの泳がせ釣り仕掛けについて、今、仕掛けを作っています。幹糸はフロロ...

har********さん

2008/12/1409:54:56

アオリイカの泳がせ釣り仕掛けについて、今、仕掛けを作っています。幹糸はフロロカーボン2号(Lハード)1ヒロ、背ハナカン(活エサ用針)はケプラート1号て゛結束、長さ1cm、これを幹糸に結束(移動式)して・

ところで、皆さんはどんな糸を使って仕掛けを作っていますか?良い点・悪い点などまた自作の仕掛けでの釣果の結果、教えて下さい。

閲覧数:
4,101
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tur********さん

2008/12/1418:48:31

熊本では外道にエイが良く掛かるので、
鼻カンよりも、大きめの針をアジに引っかけます。

良い点は、基本、魚(スズキ・エイ)も釣れると言う事ですね・・
悪い点は、生き餌自体が弱りやすい事ですか。

糸は安売りのナイロンでします。
3回位の釣行で気軽に交換できるし、
糸先とかをバンバンちょん切って使えるので、
効率が良い様な気がして。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

mike =^-^=さん

2008/12/2122:42:08

私は、直径0.8mmステンレス鋼線20cm、大きめの鮎掛け針8本、鼻管で作ります。
①ステン鋼線の片方に、8本の針を糸と接着剤で結んでおき、ステンレス用ハンダ着けをします。
②片方は、丸く曲げて、サル管を入れてハンダ着けします。
③ハナ管は、サル管から3cm程度のところに、ナイロン糸(細)で鋼線から1cmの長さで着けます。
鼻管は、餌の大きさに合わせて移動できます。
④ハリスは、根掛かりに強い3~4号1ヒロ。
⑤錘は、4~5号(流れの速い場所で、動かさない場所は8号)。
⑥タナは、昼間は、海底から3~5m。夜は水面から4~5mを泳ぐ深さにします。
☆良い点。
針掛かりが良い。イカが餌に抱きつき、引き込むとハナ管の結び目が“支点”になってイカの方に跳ね上がり、針にかかる。
春先の抱卵期に2.6~1.4kgを4ハイ釣りました。
★欠点
使用後に、手入れを怠ると錆びやすい。
熊本でも色々ですね!。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる