ここから本文です

徳川家康が天下を意識した時期と、実際に天下を取る為に行動した時期は、それぞれ...

tuo********さん

2019/9/2616:30:46

徳川家康が天下を意識した時期と、実際に天下を取る為に行動した時期は、それぞれ、具体的に、いつだと思いますか?

閲覧数:
15
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

per********さん

2019/9/2616:43:57

個人的な意見でいいんだよね?証明のしようがないことなんだし否定されるいわれもないわけだから(明確な資料でもあるなら別だが)



・天下を意識し始めたとき→
(信康切腹事件) 織田家の所領の拡大進路が家康の領地周辺と被っているしいずれ従属するしかないのは目に見えていただろうからね、それに信康の切腹は信長の後継者争いの時の火種になるのを恐れたという説もあるし=信康が優秀だったため信忠とくらべていたということもある


・天下を取るために行動→
本能寺の変かな 実際に所領を広げてるしこの時点で織田家からの決別を図ったものと思われる。まあ本能寺の変自体家康陰謀説もあるくらいだからね

其れからやむ負えず=タイミングが出遅れた・・・・・たため秀吉政権下に入ったがそもそも納得して従属したわけではないので死後行動に移したといったところだろう

  • per********さん

    2019/9/2616:47:33

    出遅れたというのはちょっと語弊があったかもな・・・
    そもそもこの時点では地固めできればいいぐらいの慎重論だったかもしれないそのあいだに織田家家臣団同士つぶしあってくれればいうことないしあくまで織田家では信長個人のみ
    認めていたというのが家康の本音なのだろう

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2019/9/30 14:16:15

ご回答ありがとうございます。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる