海にたくさんあるプラスチックゴミが問題になっていますが、その問題と日本でレジ袋を使わないようにしよう(レジ袋有料化)という運動の関係がよくわかりません。

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

詳細にありがとうございます。スーパーでもらったレジ袋が海洋プラスチックゴミになるのは、ごく一部の違法者による不法投棄が原因だとしたら、非常にわずかな量だと思われます。そのために、全国のスーパーでレジ袋をやめていこうという流れは、よくわかりません。大勢の人が不法投棄をして、大量のレジ袋が海洋ゴミになっているなら理解できます(それも本末転倒で、違法者を取り締まるのが筋だとは思います)。2つ目の理由のためにレジ袋利用をやめようというのであれば、とても納得できます。 整理すれば、海洋プラスチックゴミを減らすために、日本がレジ袋利用をやめていこうというのではないという理解でいいでしょうか。私の勘違いだったのかもしれません。

その他の回答(4件)

0

レジ袋は製造されているプラスチック類の中ではほんの僅かの量です。そんなものをいくら減量してもほとんど効果ありません。せめて包装プラとか発泡スチロール類とか魚市場などで大量に利用されているトロ箱なんかを減量する方が効果があります。でもそれら本命のプラスチックを減量するのは直接経済活動につながり生産性が落ちるとか大げさには日本のGDPが落ちるとか何かとやっかい。 なので、もっぱら一般消費者だけが利用する簡単な物を減量すれば経済にも影響しないし圧力団体からのクレームも無いからレジ袋をやり玉にしただけ、それでもってプラゴミ低減活動をやっていますよとアピールしているのです。

0

>海洋プラスチックゴミを減らすために、日本がレジ袋利用をやめていこうというのではないという理解でいい 多分そうでしょうね。 何らかの形で、回収されなかった、雨などで河に流される。 河から海へ。 一部は海に流れてゆきます。 あくまで一部です。 その一部を更に減らそうということですので、費用対効果では割の悪い話ですね。 質問者様のご意見に概ね賛成致します。

ご回答ありがとうございました。海洋プラスチックゴミのほとんどは日本以外のアジア(日本は少ないアメリカのさらに半分の量)、特に中国が大量に流出させています(他国からごみを輸入してしまったことも大きな原因なのですが)。日本のレジ袋は、何ら関係ないと思いますが、なぜ全国的にレジ袋を廃止にしようとするのかがわかりませんでした。おそらく、世界に対しての「日本は海洋ゴミ対策に努力しているぞ!アピール」くらいにしか思っていませんでしたが、レジ袋を燃やすために発生する温室効果ガスを減少させる目的もあるのかもしれないですね。

0

ゴミ箱に捨てれない人達が その辺でポイポイ捨てるから 川に落ち 海までたどり着き 海ごみとなる。 道路でもそうですよ。 多分車の中はきれいなんだけど ゴミを道路脇に捨てる人達が結構居るよ!