ここから本文です

回答受付終了まであと6日 回答を投稿すると知恵コイン15枚が追加されます

現在、新しい住居を決め、契約もすみましたが少し家主に対して不安があります。

アバター

ID非公開さん

2019/10/1611:00:03

現在、新しい住居を決め、契約もすみましたが少し家主に対して不安があります。

一つは、家主が保険の代理店をやっていながらも(後に知りました)今年の5月に行政処分を受けている少額保険の保険会社を紹介してきて、その会社はクライアントに払うべきものを払っていない、などの指摘を受けているのに資料もないままその場で私に契約させようとしていたところです。強引ではなかったので、一度もちかえり、一年を選び更新するものにしようか、二年入って何かあったらあとで解約する(返金してもらう)ものにしようかネットで確認していたところ、返金はできない場合もある、みたいな少しおかしい文章があったのでネットでレビューを検索しまたところ、財務局長から二度の警告と行政処分を受けているというページが出てきました(財務局のページに記載)。家主にそのリンクを共有し、心配なので他はないですか、と聞いたところ、良く知られている会社の子会社がやっている少額保険のリンクを直ぐにメールでもらい、郵便でも送るということでした。それでも値段的に安いものではなく、郵便で受け取ったのは申込書のみで資料も入っていませんでした(申込書には細かくサインすることへのガイドがありました)。初めの会社を紹介された際も目の前ですぐに契約してくれれば助かる、ということでしたが(この時も資料はなく、スマホでの契約の方法のみ)持ち帰って明日にでもいいですよ、という感じだったので、少し急がせる感じがありました。二個目も資料がなかったため、家主には「詳しいところに相談して家主と借主に良いものを見つけたい」とメールしたらすぐに電話が掛かって来てました。「自分は保険会社の代理店もやっている(そのほうが何かと便利だから)、1つ目の会社はそこの事務のものがうまくやらなかったのでそうなってしまったみたいで」という会社をかばうような説明をしていて驚きました。代理店までやっているのだから行政処分されていることは知っていて私(と他の入居者も?)に紹介した、という可能性が高いですよね。財務局のページにはその会社には違法行為や数度の指摘の後の運営の怠り、いくつか事件になったことについての説明もあり、かなり悪質な印象があり、家主にそのリンクも共有済みでした。 もう一つわかったのは、契約したのはロフトのある住居なんですが、ロフトを1ルームと数えて1LDK(スタジオタイプ)と広告していたところです。引っ越し業者や保険会社を探すにあたり、部屋のサイズや割り当てを記載するのですが、住居はキッチンと居間は繋がっている感じですが1つの部屋というのはなく、明らかにロフトを入れています。ロフトはしっかりロフトの定義1.4m以内だ、と本人が話していました。ネットでは専門家が不動産会社がロフトを部屋に数えるのは違法広告になる、と言っていました。こういった部分を見つけてしまいましたが、家主に確認するのは契約後ですし、やめたほうが良いでしょうか。普通に進めば最低でも一年、通常なら二年間は借りると思いますし、契約済みで料金も払っていますし嫌な気持ちで住みたくなく、家主とも良い関係を持ちたいです。ただ今後のことを考え念のため何か記録に残したり、確認したりしたほうが良いでしょうか。敷金はなかったですが礼金は一か月分払いました。仲介はなかったのでその分は払っていません。一か月目がフリーレントとなっていて、現在は、保険に入らないと鍵がもらえないため、保険を探しているところです。

Yahoo!不動産 Yahoo!不動産 教えて! 住まいの先生利用者からの投稿(参考ページ

閲覧数:
32
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

回答

1〜1件/1件中

2019/10/1612:23:51

大家やってます。
あなたには貸しません(笑)

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる